日刊大衆TOP 芸能

不遜すぎるお騒がせ男が2時間激白! ビッグダディ「これが俺の人生だ!」

[ヴィーナス12月04日号]

ついに、我らのビッグダディが帰ってきた。話題に事欠かなかった男が、最近はずいぶんとおとなしい……と思っていたら突然、大爆発!いきなり降りかかった騒動の数々を本誌に激白!

今年3月、『笑っていいとも!』の後番組として産声を上げたのが『バイキング』(フジテレビ系)。火曜日レギュラーに抜擢されたのが、目の前にいるダディだった。

「最初は何か割って入って行こうと思っていましたけど、笑いを取ったりできないし。だから、途中から入っていかなくていいって立ち位置になり、無防備になってましたね(笑)」
ダディ、生放送で無防備は大胆すぎるぞ!

「だからね、MCのTAKAHIROさんとか気を遣って振ってくれるんですよ。熟女が出てきたときに"ダディ、熟女どうですか?"って聞かれて"全然興味ないです"って言っちゃったんだけど、その直後に"もっと食いつけばよかった"って後悔したりね」ダディでも後悔することがあるとは……。

そして、9月には番組を卒業。その間、わずか半年だった。
「よく半年持ったと思いますよ。夢のような日々でした。ただ、ロケに行けたりすればよかったんですけどね……」
確かに、ダディがロケをしているところは見たかったぞ!

『バイキング』といえば、同じ火曜日レギュラー・江角マキコとの不仲が囁かれたりもした。
「いや、江角さんのことを嫌うほどの材料がありませんから。それは江角さんも同じですよ」

でも、バラエティ番組『私の何がイケないの?』(TBS系)では、江角から「テレビの仕事をしないほうがいい」とバッサリ斬られていたけど……!?
「あの番組の江角さんは、そういうスタンスですから。だけど、あの日は子どもも出演していて、俺もいっぱいいっぱいになってしまったんです。普段なら"何言ってるの"ってかわせるけど、子どもに"お父さんのこと、どう思う?"って聞かれたりするとね」

ということは、確執はないってこと?
「何もないですよ。ただ、江角さんがあの騒動の際に、『バイキング』の出演者に事情説明をして回ったそうなんですが……。俺のところには来てないんですよ!あとから聞いて寂しかったですよ」
それは、やっぱり嫌われているんじゃ……いえ、何でもありません!

今年のダディは、私生活でも大きな変化があった。最大の動きといえば、5度目の結婚と、5度目の離婚。4月に一般人女性と結婚したものの、わずか5か月で離婚してしまったのだ。
「うーん、離婚の原因は、俺が"このまますぎる"からですかね。俺ってピロートークもしないし、セックス中も"今日の晩飯はどうする?"って聞いたりしますから。あとは、価値観の違いでしょうかね」
それは、あとで聞けばいいだろ!

「だけど、俺は浮気とか一切したことない。結婚すると、ほかの女にまったく興味がなくなるんです。オマ○コなんてどれも変わらない。一つあればいいでしょ」

だけど、独身に戻れば興味も湧いてくるだろうし、6度目の結婚もあるのでは?
「そりゃあね。ただ、最近、"俺って結婚に向いてない"って思うようになったんですよ……」
遅い、遅すぎるよ、ダディ!

そんな傷心(?)のダディに、さらなる悲劇が襲った。
岩手県盛岡市の自宅が、火事で全焼してしまったのだ。
「いや、もう危なかったですよ。火事に気づいて窓を開けたら、火が一気に大きくなって……。逃げるときに煙を吸っちゃって動けなくなったときは、さすがにヤバいと思いましたよ」
ダディ危機一髪!
だが、この火事で多くのものが燃え、住むところもなくなった。

「その後に携帯ショップに行ったら、"説明書はございますか?"と聞かれて。燃えたんだって。1回だけじゃなく"付属品はございますか?"とも聞かれて、だから燃えたんだっての。それで免許証も再交付しに行ってさ。カネもないから100円ショップで財布を買って、その中に免許証入れてたら、2日後に落としちゃったんです。また、免許証再交付しに行ったら、笑われましたよ!」
そんなダディは今、どんな生活をしているのか!?

「漫画喫茶とサウナですよ。サウナで下着を洗ったりしてね。今日も、インタビューがあるから300円でTシャツを買ってきたんですよ。今、このバッグにあるものがすべて。こういうことも含めて俺の人生です」

災難続きのダディだが、それでもどこか楽しそう。番組が終わり、妻がいなくなり、家が燃えても、ダディは変わらない――。

*現在発売中の「ヴィーナス1月4日号」の新連載「これがこれの健康術だ!」にてビッグダディが漫画家デビュー! そちらもお楽しみに。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.