日刊大衆TOP 芸能

江角マキコ(47)賞味期限 今年いっぱい? 続編ドラマも頓挫で芸能人生最大の危機

[増刊大衆11月30日号]

芸能界は栄枯盛衰が常。どんなに人気を極めても、いつかは凋落の日がやってくるのだ。そんな過酷なサバイバルの中、いままさに危険信号が灯りつつある美女たちをピックアップ。本誌記者がそのウラ事情に迫る!

芸能美女13人「テレビから干される」残酷理由 Vol.1

元マネジャーが野球解説者・長嶋一茂氏の自宅に「バカ息子」などと落書きしたという騒動で、窮地に立たされている江角マキコ。長嶋家と江角家の子供は同級生で、ママ友同士のいざこざが騒ぎの発端と言われているが、彼女はさらなる危機を迎えている。
「放送予定だった『ショムニ』(フジテレビ系)の続編が、お蔵入りしたそうです。フジの敏腕ディレクターである彼女の夫・平野眞氏が亀山千広社長に直談判したけど、ダメだったみたい」(フジテレビ関係者)

平野氏は『HERO』や『不毛地帯』など、多くの人気作を手がけたヒットメーカー。だが、"援護射撃"に失敗した平野氏にはフリー転身の噂も……。
「彼が辞めたら江角とフジの関係も切れる。設立したばかりの個人事務所も閉鎖になるかも」(芸能記者)

一方で9歳になる長女は騒ぎの端緒である名門小学校から、5歳年下の弟が通うインターナショナルスクールに転校したが、ここでも江角は長女のクラスメートから「なんか怖い」と避けられているとか。まさに公私にわたる大ピンチ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.