日刊大衆TOP 社会

飲み屋でモテるマメ知識「冬季五輪」編

[増刊大衆]

旬の仰天トリビア一挙出し! 飲み屋でモテる! 中年男子のマメ知識

キャバクラやスナックで女の子と話題が続かない……そんな中年男子に送る、とっておきの雑学トリビア集。これさえ覚えておけばネタに困らないこと間違いなし!? 是非ご活用あれ!!

日本が獲得した金メダルは何個?

1924年に始まった冬季五輪では、前回のバンクーバー大会までに860個の金メダルが出ている。金メダル最多獲得国はノルウェーで107個。2位はアメリカの87個、3位が旧ソ連の78個だ。
日本は17位で9個。内訳はジャンプ3個、ノルディック複合2個、スピードスケート2個、スキーモーグル1個、フィギュア1個。日本初の冬季金メダルは、1972年札幌大会で70m級ジャンプを制した笠谷幸生が獲っている。アルペン競技やスノーボード、カーリングなどでの金メダルは、残念ながらまだ獲得していない。

次ページ >> 飲み屋でモテるマメ知識「冬季五輪」編

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 飲み屋でモテるマメ知識「日本の世界一」編 飲み屋でモテるマメ知識「日本の世界一」編

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.