日刊大衆TOP 社会

飲み屋でモテるマメ知識「海水浴場」編

[増刊大衆]

旬の仰天トリビア一挙出し! 飲み屋でモテる! 中年男子のマメ知識

女の子と話題が続かない……そんな中年男子に送る、とっておきの雑学トリビア集。これさえ覚えておけばネタに困らないこと間違いなし!? 是非ご活用あれ!!

昔の海水浴は娯楽ではなく病気療養

昔の日本には、海で遊ぶ習慣がなかった。海に入るのは病気療養のためで、「潮湯治(しおとうじ)」と呼ばれていた。
それが変化したのは、西洋の価値観が流入した文明開化の時代だ。海水浴場は明治18年、神奈川県大磯に初めてオープン。当時の女性用水着は首から脚まで、体の大部分を覆い隠すものだった。それでも人々は「令嬢が西洋寝間着を着て海中で戯れている」と、その大胆さに仰天したという。

次ページ >> 飲み屋でモテるマメ知識「海水浴場」編

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.