日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】鼎談(ていだん)から生まれた有馬記念「公開抽選」

[週刊大衆01月5・12日合併号]

人生に役立つ勝負師の作法 武豊
鼎談から生まれた有馬記念「公開抽選」


2014年は、やけにイベントやトークショー、対談に駆り出される回数が多かったような気がします。
ダービーの直前には、フジテレビ『ボクらの時代』に、伊集院静先生、とんねるずの石橋貴明さんと一緒に出演。ちょっと前には、JRA60周年として開催された『馬と歌舞伎』で、市川海老蔵さんとトークイベント。香川照之さんとの対談は、JRAのホームページに掲載されています。
結婚式などのお祝い事や祝賀パーティに加え、日本騎手クラブ会長としての務めも重なり、スケジュールはもう目一杯。「ちょっと疲れているなぁ」と思うこともありますが、"競馬界のために"と言われると、やっぱり断ることはできません。

あれは2014年、春のことでした。
JRAの馬主の方は、各競馬場ごとにある協会に所属されています。その中の一つ、中山馬主協会の会報誌に収録するための鼎談(ていだん)で、土川健之・前日本中央競馬会理事長、西川賢中山馬主協会会長とお話をしていたときのことです。
公開抽選に話が及び、ぱっと頭に浮かんだ、ドバイでの公開抽選について話をしたところ、土川前理事長の目がパッと輝き、「それは面白い。インパクトもあるし、話題性もあるし……そのアイディアをいただこうかな」とおっしゃったのです。

いただくもなにも、もともと僕が考えたものじゃないし(笑)、本当に実現したら面白いだろうなぁくらいに思っていたのですが。ナント、「有馬記念」でその公開抽選が実現することになるとは。ちょっと、いや、かなり驚きました。

次ページ >> 【武豊】鼎談(ていだん)から生まれた有馬記念「公開抽選」

【武豊】鼎談(ていだん)から生まれた有馬記念「公開抽選」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.