日刊大衆TOP 娯楽

【井崎脩五郎】14年の漢字「税」が示す馬

[週刊大衆01月5・12日合併号]

競馬新理論 井崎脩五郎
14年の漢字「税」が示す馬


14年の漢字が「税」に決まった。英語で言えば「TAX」、あるいは「DUTY」である。
このDUTYという言葉を見て、すぐピンと来た新理論好きは少なくないはず。そう、14年の有馬記念出走馬の中に、DUTYと名のつくレースを勝った馬が1頭いる。ジャスタウェイだ。

14年3月、ジャスタウェイはドバイに遠征し、ドバイの免税店がスポンサーになっているGⅠのドバイデューティフリー(DUBAI・DUTY・FREE)を勝った。後続を6馬身1/4も突き放し、勝ち時計は芝良1800メートル1分45秒52。これは、従来のコースレコードをいっぺんに2秒41も更新する破格なもの。この快走でジャスタウェイはワールドランキングの1位に立ち、以来、その位置をずっと維持している。

中山芝は、これまで3、1着(ともに内回り)。両レースとも休み明けでの出走だったが、直線で鋭く伸びており、特に14年の中山記念は、道悪にもかかわらず上がり最速を記録。58キロで後続を3馬身半ちぎり捨てる圧勝だった。

ちなみに14年の有馬記念は、枠順決定の様子が、テレビで生中継される。立ち会いは、田中将大投手と松山康久元調教師。
ジャスタウェイはこれまで、内の1枠から外の8枠まで、8つの枠すべてで連対を記録しており、枠順にまったく左右されない。


■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【井崎脩五郎】14年の漢字「税」が示す馬

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.