日刊大衆TOP 芸能

芸能美女「恥ずかし~い酔っぱらい伝説」最新版 vol.3

[週刊大衆2月18日号]

アルコール初心者ながら、剛力彩芽(20)も、実はイケるクチだという。
「ほぼ休みがない彼女にとって、お酒が一番のストレス発散の場のようです。ただ、まだ若いだけに失敗も多く、六本木の交差点で彼女が寝転がっていたという目撃情報もありましたね」(芸能記者)

一緒に飲むのは事務所のスタッフがほとんどだが、「カクテルなどを手当たり次第に飲んでも、顔色がまったく変わらないらしい。将来の酒豪候補ナンバーワンかもしれませんね」(織田氏)

酒豪といえば、1月ドラマ『dinner』(フジ系)でヒロインを演じている倉科カナ(25)も、飲めば底なしともっぱらの評判だ。
「なにしろ"ひとりでマッコリ2リットル飲みました"という人ですからね(笑)。NHKの朝ドラ『ウェルかめ』に主演していたときも、毎晩のように泡盛を飲んでいたとか。あまりの酒の強さに、共演した男優陣が"飲んで口説こうと思っても絶対無理"と口を揃えるほどです」(織田氏)

梅酒のCMでおなじみの彼女だが、ウオッカのCMに出演しても違和感ナシ!?

酒どころ宮城出身の鈴木京香( 44)も、酒は強い。
「噂の恋人、長谷川博己とは会員制の隠れ家ふうバーで飲むことが多いですね。彼女は財界のお偉方とも定期的に飲み会や食事会をしてますが、飲んでも決して乱れず、化粧崩れひとつしない。それでいて、酔うほどに色っぽくなっていくそうです」(芸能記者)

芸能美女たちのうれし恥ずかし、酔っぱらい伝説に、今宵も乾杯!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.