日刊大衆TOP トレンド

与党圧勝の衆院選! 増税前に「副業で1000万」を目指す方法とは!?

与党圧勝の衆院選! 増税前に「副業で1000万」を目指す方法とは!?

自民・公明連立与党の圧勝に終わった昨年12月14日の衆議院選挙。賛否両論あるアベノミクスだが継続の方針が明らかにされ、消費税に関しても選挙後のテレビ番組で首相自ら10%増税の決意を示した。

2014年4月の消費税8%増税で、既に個人の経済事情が厳しくなっているという声が聞かれる昨今。政治経済に疎いサラリーマン諸君も、こんなにダイレクトに自分の財布に影響してくるようでは、他人事では済まされないのではないだろうか?
高収入のボーダーラインでもある、年収1000万以上の高所得者にはあまり影響がない話かも知れないが、実際に「年収1000万」以上を得ているのは、わずか3.8%(国税庁 平成24年 民間給与実態統計調査結果)にすぎないという。これが現実であり、一部の大企業勤務者以外は、一生年収1000万円を手にすることはできないと諦めているのが現状だろう。

確かに、勤め先からの給与だけをアテにしていては、高収入への道は閉ざされているといえるのかもしれない。だが本業に副業を組み合わせれば、「年収1000万」以上の成功者の仲間入りできる可能性もあるだろう。今やリスクヘッジとしても、副業や資産運用が当たり前の時代。では、いったいどのような手段がベストなのだろうか。

ここで、2012年の脱税事件に触れておきたい。2012年、37歳(当時)の会社役員の男性が副業で得た3億6800万円という利益を隠し、1億4000万円を脱税した容疑で逮捕された事件である。その金額の大きさから大々的に報道されたので、記憶に残っている人も多いかもしれない。彼の職業は会社役員とはいえ、地方の中小企業に過ぎない。3億円の儲けは、副業のFX(外国為替証拠金取引)によるものだという。もちろん、脱税は決して許されない犯罪行為だが、それはさておき、どうやってそれほどの副収入を短期間に得られたのだろうか? 彼はサラリーマンの本業がある身で、プロのトレーダーではない。

誰もが抱いた疑問の答えは、FXの「システムトレード」にあった。パソコンにインストールしておくだけで、最適な取引を自動で行ってくれるソフトを使って、彼は3億円もの巨額の富を生み出したというのだ。

数あるFXのシステムトレードの中でも、特に人気を集めているのがテレビ番組や多くのメディアに取り上げられている「トレードFX」という代物だ。このソフトはハイブリッド機能という独自のシステムが搭載されているそうで、過去データの蓄積や、常に相場を学習してデータを更新していくスキル、高度なロジックやストラテジーは群を抜いており、急な相場の変動にも反応可能とユーザーからも評判である。実際に世界的金融危機も切り抜けていることからもその実力は折り紙付きだ。

トレードFX」は、利益追求よりもリスク管理を重要視しおり、ソフトが24時間自動でトレードを行ってくれるため、本業のあるサラリーマンでも安心して任せておくことができる。

ひょっとしたら、同じような給料だと思っている貴方の隣の席のアイツも、「トレードFX」で実は「年収1000万」を超えているかもしれない。

知らないと知っているのでは大きな差がある「トレードFX」。
資料請求は無料で、キャンペーン中の今ならもれなく300円分のクオカードがプレゼントされるので、問い合わせてみない手はないだろう。


http://www.net-company.info/lp/place

<PR>

与党圧勝の衆院選! 増税前に「副業で1000万」を目指す方法とは!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.