日刊大衆TOP 芸能

「バカだと思ってんですか?」脊山麻理子アナがテレビ番組でブチ切れ!?

「バカだと思ってんですか?」脊山麻理子アナがテレビ番組でブチ切れ!?

脊山麻理子アナ(フリー)

16日深夜、『徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました』(日本テレビ系)にゲスト出演したフリーアナウンサー・脊山麻理子(34)の態度が話題になっている。

今回の企画は「仕事が迷走中の女性に男目線でダメ出し!」というもの。「2015年、仕事はあるのか?」と悩める脊山アナは、グラビアアイドルのおのののか(23)、ミュージシャンの谷村奈南(27)とともに同番組に出演。もちろん、ダメ出しは彼女へ集中してしまう。
例えば、脊山アナが自宅をVTR公開した際。彼女の掃除機の色合いを見て「黒とピンクのカラーリングを多用している人はメンタルがフワフワしている」と指摘したチュートリアル・徳井に対し、
「そうやってジャンル分けしてる時点でナンセンスだなって思っちゃいます。センスないなって」と反論。

VTRはドンドン続く。脊山アナが両親所有の別荘へ訪れた際、彼女は空を指差し「私、晴れ女なんですよ。プレイボーイの表紙撮影させてもらった時、90%雨予報だったのに、外出た瞬間に晴れてた」と胸を張ってみせる。このくだりをダメ出しするのは、アンジャッシュ・渡部だ。
「晴れ女だというのは、すごくいいと思うんですね。ただ『以前、プレイボーイの表紙をやった時に』がいらないんですよ。過去の栄光を言うのはいらない」
またしても噛み付く。
「でも、晴れ女だけの情報なんか流して意味あります? 私にとって(プレイボーイの表紙は)必要な情報なんです!」

また別の日には、元TBSの新井麻希アナ(32)と共に2人で女子会を開催している。話題は、Twitterでの脊山アナに対する悪口について。
「『このブサイク!』とか『気持ち悪い』とか『生理的に無理』とかすごいツイートがあるから、たぶん可愛くはないんだと思う」(脊山)
「えーっ、可愛いですよ」(新井)

このやり取りを、またしてもアンジャッシュ・渡部が気になった模様。
「彼女を招いた理由が一発でわかりました。完全なるイエスマンとして呼んでますね」
途端に顔つきが険しくなる脊山。
「最近友だちになって、どういう子かそこまで知らないで呼んでるのに。イエスマン的なつもりはなかった」

そして、エンディング。
「普通に(VTRを)見せてくれって言うから見せただけで、文句言われる筋合いは全くない」(脊山アナ)
「ちょっと、整理しましょうよ。悩みを相談に来てる立場ですよね? ちょっと、態度おかしくないですか」(アンジャッシュ・渡部)
「スタッフさんから(企画の)説明受けてなかったんですか?」(おのののか)
「受けて、全部やりました。受けてるに決まってるじゃないですか。バカだと思ってんですか?」(脊山アナ)
「いや、バカだとは、そんな全然……」「ちょっと、イメージと違いますね」(アンジャッシュ・渡部)

どうしたのだろうか? 不可解な悪態である。しかし、色んな意味で傷跡を残したのは事実。
『踊る!さんま御殿!!』に出演し、かねてより不満を持っていたさんまに難癖をつけまくり、共にゲスト出演していた瀬川瑛子をキレさせてしまった10数年前の三船美佳を思い出した。

(寺西ジャジューカ)

「バカだと思ってんですか?」脊山麻理子アナがテレビ番組でブチ切れ!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.