日刊大衆TOP 芸能

ペニオク批判が裏目西川先生に大逆風!

[週刊大衆3月4日号]

歯に衣着せぬ毒舌が人気の女医・西川史子(41)に、芸能界から大ブーイングが起きている。

その発端は芸能人が自身のブログでオークションに参加していないのに、あたかも落札したかのように書き込みし、そのオークションサイトを宣伝していた"ペニオク騒動"だ。
「この騒動では、ほしのあきや熊田曜子らが吊し上げられました。そんなタレントたちに西川先生が激怒。なかでも、モデルでタレントの小森純に対する西川先生の嚙みつき方は凄まじかった」(テレビ局関係者)

番組内で、小森本人を前に「詐欺の片棒を担ぐ人の顔も見るのもイヤ」など痛烈な言葉を浴びせている。
「ほしのや熊田も、なぜ記者会見を開かないのかと、蒸し返されました。西川先生に"余計なこと、いいやがって"と怒る芸能関係者も多いですよ」(前同)

ところが、この西川の発言に呆れ果てて激怒する美容関係者もいるという。
「実は、西川自身も一昨年、ダイエット効果をうたう医薬品を無許可で販売して逮捕された業者の広告に出ていたんです。"自分のことを棚に上げて、医者のくせに何をいってるんだ"と、怒りを隠さない関係者も多いようですよ」(芸能記者)

自分の顔も見たくない!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.