日刊大衆TOP 芸能

志村けんと関根勤ヤキモキ優香「32歳の発情期突入!」 vol.1

[週刊大衆3月4日号]

"日本一美しい32歳"といえば、いまをときめく"エッチなお姉さん"壇蜜だ。だが、日本中の男たちをハァハァさせている32歳は、彼女だけにあらず。
「デビューから15年、いよいよ豊乳フェロモンが熟成を迎え、爆発寸前の超発情状態に突入してきましたよォ!」(アイドル評論家)

そんな声が集まっているのは優香、その人である。優香は昨年、グラビア封印から12年ぶりに、オトナの色気を全身から漂わせる衝撃の水着ショット満載の写真集『優香グラビア』を発売。
「写真集では、タイの砂浜で、背中がパックリ開いたワンピースをノーブラで羽織り、脇からはタワワなヨコ乳がハミ出しまくり。岩場での黒ビキニショットでは、岩に身体を預け、カップからバストがムギュッと押し出されるなど、ギリギリカットの連続でした」(出版関係者)

これにより、かつて彼女の"メロン乳"にお世話になった、世のお父サンたちから"待ってました!"と喝采を浴びたが、さらにいま、お色気が急加速度的に増量しているというのだ。
「1月17日の『志村劇場』(フジ系)では、"芸能界の父"と慕う志村けんをも驚かせるエッチすぎる一面を見せ、視聴者を驚かせていたんです」(構成作家)

誰よりもシモネタが好きなはずの志村が、たまらず「おいっ!」と突っ込まずにいられなかったのは、優香のこんな行動だった。

志村が、優香やダチョウ倶楽部などのレギュラー出演者とともに、日本各地の街を気ままに歩く同番組。件の"事件"が起きたのは、一行がその日に訪れていた東京・自由が丘の"猫カフェ"でのことだ。
「猫を遊ばせるおもちゃとして、店に用意されていたレーザーポインターを使って、出演者たちが猫をじゃらして遊んでいたんです。しかし、レーザーポインターを手にした優香は、なんとレーザー光線を、番組カメラマンの股間にヒットさせ、こちょこちょと動かし始めたんです」(前同)

光線が股間に当たっても痛みも何も感じるものではないが、あの優香に股間を狙われては、カメラマンも仕事どころではなく戸惑ってしまうものだが、「さらに、その光を猫が追い始め、カメラマンの股間にじゃれつき、その様子に優香は大爆笑。さらに彼女は、"ここだよ。ほらほら、ここだよ。ヒヒヒヒ"と、股間へのレーザー照射をやめることなく、何度も何度も猫パンチをカメラマンの股間にヒットさせたんです」(同)

彼女のあまりの行動に、周囲は若干、引き気味。見かねた志村が「おいっ!」と突っ込み、優香をたしなめたというのだ。

お笑い芸人でテレビ美女妄想家のユリオカ超特Q氏は、「あの優香さんが、そんなエッチなことを、ごくごく自然体でできるようになったことに感慨を覚えます」とし、さらにこう語る。
「鼻に細かい縦皺を寄せ、キレイな歯をニッと出す優香さんの笑顔には、いまも少女性を感じさせるものがあります。それが成熟したボディとのギャップとなり、世の男のエロレーダーを刺激してくるわけですが、そうやって、男にエッチな目で見られているということも"悪くないかな"と思っているのが、いま優香さんということなんでしょうね」

実際、優香は昨年、雑誌『an・an』のインタビューで、30代になった自分について、「20代は、"こんなことをいったら嫌われてしまうのでは"と、人の顔色を窺っていたが、いまは、"こんな私を嫌だというなら、もういいや"と思えるようになったと発言したんです」(女性誌記者)

以前ならあり得なかったエッチな言動が解禁されたのも、こうした心境の変化があってのことだろう。さらに、このインタビューでは恋愛観についても赤裸々に語っており、これまた〈ワケもなく"触れたい"と思う瞬間が、恋のはじまり〉と、発情期を思わせるドッキリ発言の連続となっているのだ。さらに、〈色気のある人が好き~しっとりと汗ばんでて、髪の毛なんかはクシャクシャで、匂い立つようなセクシーさのある人がいい〉
そんなエロい相手との濃密な触れ合いをと、強く心から望んでいる様子がありありと窺えるのだ。

ここで気になるのは、いま、彼女に特定の相手がいるのかどうかということ。
「V6の岡田准一、ダウンタウン・松本人志といった大物との恋愛を経て、10年に、人気バンド『ザ・ピロウズ』の山中さわおとの熱愛が噂になりました。ただ、以降、進展は伝えられておらず、ハッキリしたことは不明です」(夕刊紙記者)

3月1日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.