日刊大衆TOP 芸能

年末スペシャル! 2014年女子アナ悲喜こもごもニュース ベスト3!

年末スペシャル! 2014年女子アナ悲喜こもごもニュース ベスト3!

田中みな実アナ(フリー)

皆さん、今年も頑張りましたね。年末年始はしっかり休養をとって、パワーを蓄えてください。
一方、女子アナたちにお正月は関係なし! いつもと変わらず……どころかお正月だからこそ、振袖等を着飾って妖艶な姿を見せ付けてくれます。
そんな女子アナたちの2014年を、ベスト3形式で振り返りましょう!

第1位:田中みな実、TBS退社を正式報告!
6月25日、TBSの田中みな実アナウンサー(28)が9月いっぱいで同局を退社することを発表した。「大好きなアナウンサーという仕事をもう少し広い視野で、環境で、挑戦していきたいと思い、決意しました」と、局を通じコメントした田中アナ。宮根誠司や羽鳥慎一が在籍する事務所「テイクオフ」に所属、日曜20時『ニュースな晩餐会』(フジテレビ系)MCを務めることは、退社前から決まっていた。

第2位:水卜麻美アナ、「好きな女性アナランキング」を連覇!
12月3日、オリコンが「第11回 好きな女性アナウンサーランキング」を発表した。結果、昨年に引き続き日本テレビの水卜麻美アナウンサー(27)が1位を獲得している。続く2位には、昨年と同じくフジテレビの加藤綾子アナ(29)が。3位には、前回5位だったNHKの有働由美子アナ(45)がランクイン。 オリコンによると水卜アナ、「2位以下に圧倒的な差で2連覇」だそうだ。

第3位:大江麻理子アナの結婚にファン呆然!
9月16日、テレビ東京の大江麻理子アナウンサー(36)が結婚することが発表された。お相手は、マネックス証券代表取締役社長CEOの松本大(おおき)氏(51)。 2人の出会いは、ポッドキャスト番組『大江麻理子のモヤモヤとーく』のゲストに松本氏がゲスト出演した2012年12月。交際は、大江アナが転勤先のニューヨークから帰国した後の今年4月からスタートしたそう。ちなみに松本氏は数年前に離婚しており、前妻との間に1男1女がいる。


「局内でイジメにあっていた」という説も根強い田中みな実が“フリー宣言”を果たしたのは、今年6月のこと。独立後に田中が所属した「テイクオフ」は、宮根誠司のマネージャーだった人物が設立した上り調子の事務所である。追い出されるような形で「明るい未来へテイクオフ!」なのかと思いきや、『サンジャポ』レギュラー最終日には杉村太蔵(35)から「(男性共演者の)みんなが田中アナのファンだった」と告白され、爆笑問題・太田光(49)からは「嫌われて相当キツかったと思うけど、それを全部跳ね返して」と労われ、最高の船出に。ちなみに新番組『ニュースな晩餐会』は視聴率5%前後と低調な結果に終始しているが、悲壮感を全く漂わせないのは彼女ならでは。ちなみのちなみに、田中と入れ替わるように9月下旬デビューを果たしたTBSの新人・宇垣美里アナ(23)は、「ミスキャンパス同志社」を獲得した超絶美女である。

一方、毎年恒例「好きな女性アナランキング」では、日本テレビ・水卜麻美アナが2連覇という快挙を成し遂げている。彼女の主な支持理由としては「よく食べるキャラが見ていて気持ちいいから」、「とにかくポッチャリが可愛い」、「尖った感じがせず、一種のユルキャラのような感じで好感が持てる」といった声が上がった模様。ちなみに6位にランクインしたテレビ東京・狩野恵里アナウンサー(28)、8位のNHK・井上あさひアナウンサー(33)、10位のフジテレビ・山崎夕貴アナウンサー(27)は、今年初のトップ10入りである。

そして4位には、テレビ東京・大江麻理子アナがランクイン。彼女が結婚を発表したのは、今年9月のことだった。なんと今や、本名・松本麻理子なのである。世の男性陣のリアクションは「なんというバッドニュース」「ちょっと横になるわ……」「さて死のうかな」と、狼狽を隠せないものばかり。『ワールドビジネスサテライト』の司会を務め、松本大と結婚した局の看板女子アナか……。個人的に大江麻理子は将来、テレビ東京の社長になるべきだと、私は思っている。

(寺西ジャジューカ)

年末スペシャル! 2014年女子アナ悲喜こもごもニュース ベスト3!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.