日刊大衆TOP 芸能

遠野なぎこ(34)賞味期限 今年いっぱい?お口が過ぎちゃった? 過激発言で仕事激減

[増刊大衆11月30日号]

芸能界は栄枯盛衰が常。どんなに人気を極めても、いつかは凋落の日がやってくるのだ。そんな過酷なサバイバルの中、いままさに危険信号が灯りつつある美女たちをピックアップ。本誌記者がそのウラ事情に迫る!

芸能美女13人「テレビから干される」残酷理由 Vol.3

子役時代に受けたイジメに摂食障害、7股交際など、過激な私生活を暴露してバラエティー番組で大活躍。先日もわずか55日で離婚を発表し、破天荒女優としての株(?)を上げた遠野だが、ここへきて各局からのオファーが激減中だという。
きっかけは離婚直後に出演した某番組でのトラブルだった。遠野いわく「社会的に地位のある人たちの前で人間性を否定された」とか。その相手と彼女は初対面だったが、〈土足で人格を踏みにじられた〉と自身のブログに綴っている。
「問題は、そのあとです。収録後、遠野はスタッフに食ってかかり、件のシーンをすべてカットさせたんです。結果、面倒くさいタレントとしてブラックリスト入りしてしまった」(芸能記者)

本職の女優業でも、トーク番組で「ドラマで2週間働いて、いただくギャラはバラエティーの1本分!」と暴露し、以降、オファーはゼロとか。
まさに口は災いの元!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.