日刊大衆TOP 芸能

女子高生役でドラマ主演決定 米倉涼子に「驚愕ギャラ契約」

[週刊大衆3月11日号]

4月から始まる日本テレビの新ドラマで、あの米倉涼子(37)が"女子高生役"に挑戦するという。
「土曜9時の枠で、彼女は"18年ぶりに復学した35歳の女子高生"を演じます。もちろん全編、制服姿だといいますよ」(テレビ誌記者)

いまや押しも押されもせぬ"視聴率女王"の彼女は昨年秋、『ドクターX』(テレビ朝日)に主演。"ドラマ暗黒時代"にもかかわらず、最終回の視聴率が24%を超える「超異例の大ヒット」(テレ朝関係者)を記録した。
「どの局も米倉を主演にしようと、奪い合っているような状況です。今回、彼女を捕まえた日テレも、昨年の早い段階からアプローチし続けていたそうですよ」(前出・テレビ誌記者)

他局よりも相当、力を入れていた日テレは、米倉を落とす最終手段として、ある驚きの"契約"を提示したという。
「"ボーナス制度"ですよ。通常の出演料にプラスして、"視聴率がよければプラスαを払う"というもの。プロ野球選手でいうところの"出来高払い"です。おそらく米倉レベルだと、出演料だけでも相当、高額でしょうし、それに出来高ですからね。日テレの入れ込みようはかなりのものですよ」(ドラマ関係者)

凋落中のフジテレビを尻目に、テレ朝と視聴率戦争を繰り広げている日テレとしては、なんとしても『ドクターX』に負けない高視聴率ドラマを、と気合いが入っているというわけだ。
「テレ朝も10月から『ドクターX』の続編を放映予定。まさに"米倉涼子争奪戦"の様相です」(前同)

オヤジ族としては、よりセクシーな米倉が見られるほうを支持しますよ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.