日刊大衆TOP コラム

「卵」大国・日本の意外な弱点!?

[週刊大衆2月2日号]

日本は世界有数の鶏卵消費国。その量は年間400億個です。これほど大量の卵が食べられている理由の一つが安さでしょう。「物価の優等生」といわれる卵は、40年も前から値段がほとんど変わっていません。安くて、旨くて、栄養たっぷり。しかも、ほぼ100%が安心な国産品。卵は、いろんな意味で優等生的な食品です。
しかし、この状態が今後も安定して続くかどうかは不明。卵の供給は意外と脆弱(ぜいじゃく)な基盤の上に成り立っているからです。

実は、卵を産むニワトリの親(種鶏)の多くは外国産。日本はニワトリの品種改良で後れを取り、種鶏を欧米の企業から輸入しています。
種鶏は一代限り。その子からは優秀なニワトリが生まれないので、新しい種鶏を毎年買い続ける必要があります。また、ニワトリに食べさせるエサも大部分が輸入。
もし、なんらかの理由で種鶏やエサが輸入できなくなったら、卵はたちまち品薄になり、価格は跳ね上がります。安い卵を食べられるのは外国産ニワトリのおかげなのです。
現在、日本で飼育されている種鶏の何%が外国産?

(1)72%
(2)83%
(3)94%


答えはココを押す! 答え :(3)


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.