日刊大衆TOP 芸能

フジ三田友梨佳アナ「エロエロお嬢様フェロモン」ヤバすぎる~っ! vol.2

[週刊大衆3月25日号]

それでいてお高く止まらず、親しみやすいキャラなのが彼女の魅力。
「歌がドヘタなのも、ご愛嬌。カラオケ特番で少女時代の『Gee』を歌ったときは、あまりのヘタさに、審査員席が爆笑に包まれました」(テレビ誌記者)

『めざまし~』のスポーツ担当として、日ハムの大谷翔平に密着したかと思えば、英国でマンUの香川真司にインタビューと、本業でも精力的な三田アナ。
「父親が厳しいらしく、"中途半端な男を連れてきたら許さん"と公言しているそうです。彼女は"仕事が忙しすぎて、出会いがないんです"といってますが、確かに並の男では、彼女とつき合うのは難しいかもしれません」(芸能記者)

男あしらいのうまさと経験値では、まだまだ"恋愛マスター"カトパンの足下にも及ばないミタパン。
「昨年の12月、『ウチくる!?』に加藤アナがメインゲストで出演したとき、三田アナも後輩代表として、"加藤さんはひどいんです!"と暴露話をしていました。三田が"気になった人に彼女ができたみたいなんです"と真剣に相談したら、加藤アナに"アンタ、何いってんのォ?"と爆笑されたと、口を尖らせていましたね」(女子アナウオッチャー)

これは遺恨が……と思いきや、2人は一緒にディズニーシーに遊びに行く仲だという。カトパンも3歳下の後輩の実力を認めている様子だ。

前出・八木氏がいう。「視聴率で苦戦が続くフジだけに、今後はカトパンか、ミタパンかではなく、カトパン&ミタパンのツートップで行くのが正解。2人には、女子アナファンを二分する熱いバトルを見せてほしいですね」

カトパンを追う次代のエース・ミタパン。真性お嬢様フェロモンに注目だ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.