日刊大衆TOP 芸能

最後の独身大物女優・石田ゆり子「肉体派官能女優」の覚悟

[週刊大衆02月02号]

透明感のある白い柔肌に水泳で鍛えた引き締まった肢体……奇跡の40代として、まったく衰えない美貌がまぶしい石田ゆり子(45)。
衰えないどころか、ますます磨きがかかるその色香には、石田の覚悟が垣間見える。
「同年代の美女優たちが結婚したり離婚したりする中、石田は独身を貫き、女優としての美貌と演技に磨きをかけてきました。昨年、放送されたNHKの連続ドラマ『さよなら私』でも、共演した永作博美(44)を肌のハリなどでしのぐ艶っぽさでしたね」(テレビ誌記者)

また、『さよなら私』では、一風変わったラブシーンを披露して話題になった。
「最終回では、永作博美とベッド上でキスシーンを繰り広げました。当代を代表する熟年美女たちの"レズシーン"に劣情を催した御仁も多いはず」(夕刊紙記者)
アブノーマルな艶技もなんなくこなす石田だけに、ヒロインとして出演する新作映画『悼(いた)む人』(2月14日公開)でも、大胆な官能シーンを披露するのではと期待が高まっている。

「本作は天童荒太の同名小説を原作にした映画で、原作は直木賞も受賞した話題作です。石田さんは夫を殺した罪で服役し、刑務所から出てきたばかりの女性をしっとりと演じています。死生観をテーマにした本作に見事な彩りを添えています」(映画誌記者)
直木賞受賞作が原作とあって、格調高く文学作品のような映画かと思われた読者の皆さん、ご安心あれ。本作はR15+作品、いわゆる"15禁"の映画である。

「過激な暴力描写や性的描写が含まれる作品は、15歳未満の鑑賞が禁じられています。『悼む人』はバイオレンス映画ではありませんからね。となると……」(芸能記者)
つまり"過激な性的描写"が含まれる作品ということだ。

映画評論家の秋本鉄次(てつじ)氏は石田の"艶技"を、興奮気味に絶賛する。
「石田ゆり子さんが大胆にハードな濡れ場に挑戦した話題作になりそうですね。2か所、ゆり子さんのセックスシーンがあるんですが、どちらも垂涎(すいぜん)モノで目をそらすことができません」
秋本氏は石田の代表作になりそうな本作の見どころを解説する。
「井浦新(いうらあらた)が演じる夫に手マンされるのが1回目の濡れ場。その気になっているゆり子さんが、夫に"俺に触るな"と言われて、じらされる姿に、なんともそそられます」(前同)

続いて石田は映画史に残るであろう「ハードセックス」を披露する。
「さんざんじらされた石田が、ようやく"本番"を許されるんですが、小ぶりながら形の良いバストが見えそうな体勢で、正常位で突かれてヨガリまくるんです。本当に挿入しているんじゃないかと思わせるほどのあえぎっぷりでした」(映画ライター)

物語のラストを飾るのは、主演の高良健吾(こうらけんご)との野外でのセックスシーンだ。
「作中、ずっと石田に興味がなさそうにしていた高良の目つきが変わるやいなや、ズボンを脱がしてから、パンティをはぎ取って……」(前同)
下半身だけ露出した姿で絡み合うワケありの男と女。
「若い男に着衣のままで突かれてヨガる熟女・石田の姿には興奮しました。石田は正常位に慣れているようにも見えましたね」(同)

また、試写会を見たという映画ファンも興奮が収まらない。
「試写会で見た作品を、映画館でもう一度見るなんて、あまりしないけど、『悼む人』は別。石田さんを拝むためなら何度でも映画館に行きますよ(笑)」
秋本氏は本作に女優としての石田の覚悟を見たという。
「CMで見せるコミカルなかわいい面とは違って、映画俳優としての彼女は、男の深層のエロに迫る演技をしてくれます。これほど男のサディスティックな願望をそそる女優はなかなかいませんね」
一人にしておくのがもったいないような美貌ながら、浮き名を流すこともなく役者道を邁進(まいしん)する石田ゆり子。本作での体を張った艶技で官能女優に変身か!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.