日刊大衆TOP プチ鹿島

いまのスターダムには「成長過程を見守る」という楽しみ方がある!

2015-01-24

プチ鹿島の連載コラム 「すべてのニュースはプロレスである」

女子プロレス団体のひとつ、スターダム。3年ほど前に何の知識もなく観戦したのですが、愛川ゆず季にさっそく驚いた。グラビアアイドルからの転身でキャリアが少ないのにこの完成度は何だ!? と。たとえば、攻められているときの表情のわかりやすさはジャイアント馬場のそれに似ていた。畑は違えど人に見られてきたプロの凄さを痛感したのです。

そんな愛川ゆず季は一昨年4月に引退。しかし今にして思えばスターダムの見どころはそこから始まったのかもしれない。それは他のレスラーの「成長過程を楽しむ」という見方だ。

以前NHKの朝ドラ「あまちゃん」をみていたとき「成長していく姿を見守るのが楽しい」という理由をアイドル好きから聞いてなるほどと思った。正直言うと私はそれまで若いアイドルにハマっているおっさんには疑心暗鬼だったのですが、そういう見方があるのかと納得したのです。反省したのです。それ以来、日本ハムの大谷翔平の二刀流チャレンジだって「今しか見れない大谷」だと思い、貴重に思うようになった。

考えてみれば後楽園ホールのお客さんもそうではないか? スターダムを観たのは数か月ぶりだったが、その少しの期間に各選手がしっかり成長していて感心してしまった。

メインを務めた世Ⅳ虎は大成長。コグマ、安川惡斗、岩谷麻優、クリス・ウルフも目立った。その彼女らを叱咤激励しつつ傍らにいるのが実力者の高橋奈苗や木村響子。こういう高い壁がいてくれるから観客も安心できる。

愛川ゆず季引退以降、エースとして頑張ってきた紫雷イオはリング上はもちろんだが、この日はマイクアピールも堂々としていてよかった。まるで棚橋弘至のようだな、と思っていたら今週の「週刊プロレス」の対談で直接アドバイスをもらっていた。キャラの成長過程を見るのも面白い。

私は愛川ゆず季がいたときはその完成度の高さを見ていたが、今のスターダムには成長過程を見るという正反対の見方であることに気がついた。こちらには解放感がある。

よく「プロレスはプロセス」というが、それは試合内容だけではなく、レスラーの人生そのものを見つめることでもあることを再確認した日曜の昼下がりでした。

プチ鹿島
PROFILE
1970年5月23日生まれ。お笑い芸人。オフィス北野所属。時事ネタを得意とする芸風で、新聞、雑誌などにコラムを多数寄稿。ラジオ番組「東京ポッド許可局」(TBSラジオ)、「荒川強啓のデイキャッチ」(TBSラジオ)、「キックス」(YBS山梨放送)ほか、TVや映画など多方面で活躍中。





「教養としてのプロレス」(プチ鹿島/双葉社)
2014年8月7日発売 新書判304ページ





今もっとも注目すべき文系芸人・プチ鹿島氏による初の新書が双葉社より発売! 「どの週刊誌よりも売れていた」という90年代黄金期の週刊プロレスや、伝説の編集者・井上義啓氏の週刊ファイトなどの“活字プロレス”を存分に浴びた著者による、“プロレス脳”を開花させるための超実践的思想書。 「半信半疑力を鍛える」「グレーゾーンを許容する」「差別に自覚的になる」等々、著者が30年以上に及ぶプロレス観戦から学びとった人生を歩むための“教養”を、余すところなく披瀝。すべての自己啓発本やビジネス書は、本書を前に、マットに沈むこと必死!

ブログ:http://orenobaka.com/
ツイッター:@pkashima

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.