日刊大衆TOP 娯楽

【競馬データ予想】根岸Sのオススメ馬は!?

[週刊大衆02月09日号]

データ予想 須田鷹雄
根岸Sのオススメ馬は!?


今年の根岸Sは、ロゴタイプの参戦によって話題性が増した。
GⅠでダート初挑戦というケースはたいてい大敗に終わるが、GⅢレベルなら……と悩んでいる人も多いはず。そこで今回は、過去の事例がどうなっているのか調べてみた。

平成以降、重賞で初ダートという馬は〔714109〕。回収率は単49%・複33%。GⅢに限定しても〔71381〕で単65%・複41%。直近の成功例は、11年シリウスSのヤマニンキングリーで、ほかにはサイレントディールやメイショウボーラーが成功している。
昔のほうが、ダート路線が未成熟だったために芝からの割り込みが効いた面もあり、過去10年のダートGⅢに限定すると〔20255〕で単24%・複22%。
これを見ると、わざわざロゴタイプを買う理由は見出せない。同馬の場合はそもそも1400メートル短いという可能性もある。せっかくまた軌道に乗りかけたところで、事態を再び深刻化させないように祈るのみである。

話を根岸Sそのものに戻してレースの傾向を探すと、まず単純に「前走重賞勝ち馬は強い」ということが挙げられる。
過去10年、前走で中央の重賞を勝ってきた馬の成績は﹇4203﹈。
サンプルは少ないが回収率は単複とも100%を超えている。

昨年はこのパターンでノーザンリバーが2着。前走でカペラSを勝っているのに8番人気とは、お客さんのほうが考えすぎだったということだろう。

また、オープン特別組も前走1着馬は〔16313〕と複勝率基準では43.5%となかなかの走りを見せている。こちらでいくとあてはまるのはレーザーバレット。
もともとUAEダービーに連れていったほどの素質馬だし、中団で競馬ができる脚質は展開に左右されないという強みも持つ。

重賞レベルでの1400メートルどうかだが、こなせばあっさり勝つシーンもありうるのがエアハリファ。ここで良い競馬をすれば、フェブラリーSまでリアルに見えてくる。


■須田鷹雄 プロフィール
1970年東京都生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。大学在学中に競馬ライターデビュー。競馬以外のギャンブルも含めた「旅打ち」をライフワークとし、国内の全公営競技場を踏破した経験を持つ。

【競馬データ予想】根岸Sのオススメ馬は!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.