日刊大衆TOP 芸能

37歳で女子高生役 米倉涼子「あっぱれオンナ力」 vol.2

[週刊大衆4月8日号]

さらに、そんな米倉の勢いの証ともいえる、こんな噂まで浮上している。
「昨秋、ルーカス・フィルムを買収した米ウォルト・ディズニーが、『スター・ウォーズ』の続編を製作することを、ここにきて発表しました。

15年の公開を目指し、今年の夏から撮影が始まるそうですが、このメインキャストの一人に米倉の名が挙がっているというんです」(映画関係者)

辺境の惑星で、死んだはずのダース・ベイダーを蘇らせ、帝国軍を復活させようとする魔女の役だとも伝わってくる。
「英語力は、『CHICAGO』で証明済みです。続編でも製作に携わるジョージ・ルーカスは、黒澤明監督の影響を受けた大の親日家でもあるし、可能性は十分にありますよ」(前同)

コラムニストの芦沢芳子氏は、「ブロードウェイの次はハリウッド! いまの米倉さんなら、やりかねないですよ」と、こうエールを送る。
「今回の型破りな高校生役もそうだし、『スター・ウォーズ』の噂もそうですが、そういう話が米倉さんのところに来るということは、閉塞感のある世の中を、彼女に変えてほしいと思っている人が、たくさんいるということでしょう。いま、それだけの力を持っている女優はほかに見当たりません。ぜひ、期待に応えてもらいたいですね」

米倉の本格的な進撃は、いま始まったばかり。
いったい、どこまで上り詰めるのか、ますます目が離せなくなってきた。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.