日刊大衆TOP 社会

9月改造で発進!安倍首相「恐怖の大増税内閣」丸秘閣僚リスト vol.2

[週刊大衆09月02日号]

前出の有馬氏が語る。
「丸川氏は、安倍首相の肝煎りで政界入りした子飼いの議員。不評だった石原氏に代わって環境大臣に就任と言われています」
このポストには、内閣改造のたび名前が取り沙汰される小池氏も色気を見せ、丸川氏との一騎打ちか!?
「小池氏は、時の権力者に擦り寄る“魔性の政治家”ですが、問題も失点も少ない。最近は党広報本部長として安倍首相をヨイショしてきましたから、喜び組として閣内においておけば、増税路線にも反対しませんからね」(自民党関係者)

このほか、前総裁まで“リストラ”に遭う可能性も浮上している。
「谷垣禎一法相は、自分の派閥議員に閣僚枠を譲りたいと、斬られる前に自ら辞任する意向のようです」(政治評論家・浅川博忠氏)

いまや絶対権力者となった安倍首相には誰も逆らえず、大物議員といえども安心できない。さらには、閣僚だけではなく、党役員の刷新も慌ただしい。
「安倍首相の女性登用枠拡大で誕生した高市早苗政調会長と野田聖子総務会長は解任の方向です」(前同)
もともと、この2人、先の参院選での女性票獲得が安倍政権の隠れた狙い。それが済んだいま、もはや、用済みというのだ。
「高市氏は問題発言の連発で、事実上の更迭。参院選中、“彼女をどれだけ表舞台に出さないでおけるか”が話題となるほどの不人気ぶりです」(前出・角谷氏)

一方、これら華やかな女性陣とは別に、深く静かに、そして衝撃を持って語られているのが、二階俊博氏の党総務会長就任案だ。
「二階氏は小泉純一郎・元首相が“政局の二階”と評価したバリバリの策士。現職は総務会長代行なのに、手当を一手に担っていましたから、党のカネを完全に掌握しているようです」(前出・自民党関係者)

また、二階氏は道路族議員のドンとして、10年間で200兆円もの予算を計上している国土強靭化計画の先導役でもある。
「これは完全に、かつての自民党の“バラマキ政治”で、復興予算も含めて公共事業の利権化が始まる。しかも国会は自民党の天下ですから、野党も止めようがない。またぞろ税金が無駄に使われていくことになりますよ」(前出・民放記者)
結局は“お友達”で固め、自民党の“ご都合主義”の改造人事となるのか……。

「唯一、ウルトラCがあるとすれば、小泉進次郎氏の大抜擢人事ですね」(前同)
いまや自民党内では、安倍首相に匹敵するほどの人気を誇る若きプリンス。選挙の応援演説では公然と首相批判もする進次郎氏の抜擢も、あり得るという。
「安倍首相は、ゆくゆくは進次郎氏を後継者とする構想を描いています」
と前出・有馬氏も語るように、安倍首相のおぼえはめでたいようだ。
「消費増税やTPP問題など、政権に落ち度があれば進次郎は容赦なく“安倍批判”に回るため、首相には頭の痛い存在。黙らせておくために、特命担当大臣ポストに就任させ、閣内でおとなしくさせるのが最善策かも」(前出・中堅議員)

“客寄せパンダ”を嫌う進次郎氏なら、打診があったとしても断るはずだが、おかしな兆候がチラホラ。
「安倍政権誕生時に、進次郎氏に、ある省の政務官就任話が浮上したんですか、“青年局長をやり遂げたい”との理由で断った。
ところが最近、“青年局長を続けたい”と言わなくなったので、次のポストを本格的に狙い始めたと見られています」(自民党関係者)

秋の政変を前に永田町では諸説飛び交うが、前出・浅川氏は不安を隠せない。
「実際にフタを開けたら、庶民には消費大増税が待っているだけではない。“税の平等化”の名の下に、広く浅く国民に負担を強いようとしている。政府は様々な社会保障費の負担増も、すでに具体的検討の段階に入っていますから」

財政再建は重要だが、国民を軽視する大増税だけは絶対に勘弁してくれ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.