日刊大衆TOP 芸能

ズバリ本音で美女トーク☆西条美咲(女優)

[週刊大衆02月09日号]

ズバリ本音で美女トーク☆西条美咲(女優)

もっと画像を見る

「襦袢を脱いで生まれたままの姿に…見てほしいのは胸の形と色ですね。乳首の色じゃなくて肌つやを見て」

09年に、愛染恭子監督『白日夢』でスクリーンデビュー。濡れ場も辞さぬ体当たりの演技で"女優魂"を見せつけた西条美咲さん。現在は舞台に映画、そしてイメージDVDでも才能を発揮中だ。最新作では、宮古島の白い砂と青い空の下で"生まれたままの姿"に戻る彼女の知られざる素顔に迫った!

――1月23日に発売された最新DVD『ミサキサク西条美咲』を拝見しましたが、本当に素晴らしかったです!

西条 ありがとうございます。沖縄・宮古島のプライベートビーチで、ハシャギ回っているうちに、気づくと"自然"な姿になっていました(笑)。

――素晴らしいシチュエーションですね~。

西条 とても開放感がある広いビーチで、砂浜はサンゴの砂。空は青く、生まれたままの姿になることに全然、抵抗はなかったです。でも、その爽やかビーチから一変して、部屋に監禁されて、縛られてしまうシーンもあるんです。

――そう、後ろ手に縛られてしまうんですよね!

西条 なんか興奮されてますが、後ろ手に縛られるほうが、いいんですか?

――ええ。やはり男性にとっては、たまらない状況じゃないですかね! ちなみに"女優"という立場は置いておいて、あのシーンは"一人の女性"として、どうですか?

西条 好きですね~。普段はなるべく"お姫様っぽく"いたいんですけど、本当は……。どうなんでしょう?

――つまり、あのシチュエーションは性癖的にバッチリだったわけですね!

西条 そうですね(笑)。

――"女優"としての立場は置いておいて、一人の女性として興奮しました?

西条 一人の女性として、興奮したかな? ウフフ。

――では、一人の女性として、どの場面が一番、印象に残りましたか?

西条 もう、一人の女性としてばっかりじゃないですか(笑)。そうですね、私、チャームポイントがお尻なんですね。小柄ですが、お尻にはボリュームがあるので。だから、お尻中心のシーンかな~。

――ビーチを走るシーンでも、カメラはお尻をバッチリ捉えていました。

西条 今回のDVDは、映画のスタッフさんが撮ってくれたんです。だから、映画っぽく仕上がっているんですよね。

――確かに、芸術的なエロスを感じました!

西条 特に、和にこだわりました。花魁(おいらん)姿も披露しているんですよ。

――襦袢(じゅばん)一枚で、イヤラしい本を読んでいましたね。

西条 あれは春画です。

――春画を眺めているうちに、体が火照って……。

西条 ウフッてなるの。

――ウフッでは、読者に伝わらないですよ~。

西条 襦袢を少しずつ脱いでいって、最後は"生まれたままの姿"に。

――ごちそうさまです!

西条 いえいえ。

――でも、もう少し具体的な説明をお願いします。

西条 どう見えるかは、観ていただいてからのお楽しみということで!

――では、西条さんが一番見てもらいたいシーンは?

西条 シーンというか、胸の形ですかね。自分でもバランスがいいと思うんですよね。あと、色も……。

――色? 乳首の色?

西条 いやいや、そこまでは見せてないんですけど。もちろん、乳首の色もいいとは思うんですが(笑)。そうじゃなくて肌つやです。色白のもち肌なんです!

――確かに美しかった!

西条 ありがとうございます(笑)。

――エッチな質問ばかりしてしまいましたが、西条さんは映画や舞台に出演されている女優さんです!

西条 そうですよ~。

――それにしても、昨年11月公開の映画『新・SとM劇場版3・4』で演じられたOL役は大胆でしたね。

西条 ストーリーを説明すると、主人公は真面目な妻子持ちの39歳の会社員なんですが、いろいろな女性から誘惑されるんです。私は誘惑する女性の一人で、主人公の部下のOLなんです。

――上手に甘えながら、男を家に連れ込む小悪魔!

西条 はい。そして、手料理を振る舞いながら、突然"私をこれで縛って!"とSMプレイに誘うんです。

――まさに、先ほど話されていた、普段は"お姫様っぽい"けど、本当は……のSっぽいMだ!

西条 そうですね(笑)。

――映画では亀甲縛(きっこうしば)りまでされていました。

西条 はい。初めて縛られたんですが、すごく芸術的でビックリしました。

次ページ >> ズバリ本音で美女トーク☆西条美咲(女優)

ズバリ本音で美女トーク☆西条美咲(女優)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.