日刊大衆TOP 社会

北から南までこんなに違った!!日本全国47都道府県「ドライバー県民性」大検証 vol.1

[週刊大衆09月02日号]

「郷に入っては郷に従え」
との格言はあるが、遠出の際に地元ドライバーの運転に接して「なんだこりゃ!」と、驚愕した経験がおありの方も多いはず。
狭い狭いとはいっても、意外と広い日本列島。「くに」が変われば、ここまで違うかと思うほど、ハンドルさばき、ウインカーの出し方にもお国柄が現れる。
そこには簡単に「マナーが悪い」のひと言では片づけられない、根深い秘密が隠されていた--!

「尾張名古屋は城で持つ」--復元された名古屋城本丸御殿を見ようと、マイカーで東京から名古屋を訪ねた会社員(39)は、もう一つの名物、通称“名古屋走り”の洗礼を受けた。

「黄色信号で停まったら、後続車がクラクションを鳴らして、左車線から僕の車の前に割り込んできたんです。それから猛スピードで交差点へ進入していきました。そのとき、信号はすでに赤に変わっていました」
これは、名古屋では日常的に見られる風景。
「“黄色まだまだ、赤勝負”が名古屋のドライバーの常識。片側5車線と異常なほど広い道路もあるだけに、スピードも出るため非常に危険です」(全国紙名古屋支社の社会部記者)

くるま総合研究会の相川潔代表が、こう続ける。
「全国で最も運転の荒い都市が名古屋。歩道に面した駐車場から出て、そのまま歩道を走る車を見たこともありますね」
そうした無謀な運転の結果、愛知県が2012年の交通事故件数(4万9651件)、交通事故死亡件数(235人)ともに全国ワースト1位に!

「交差点付近で直進レーンを走っていたら、突然、右折レーンから強引に前へ割り込んできた車もいました。油断していたら、確実に追突していましたよ」(前出・会社員)
これは“右折フェイント”と呼ばれる名古屋走りの特徴のひとつ。直進の車線が混んでいると見るや、空いている右折車線を進み、直進レーンへ復帰するあくどい手法だ。

このほか、左右に頻繁に車線変更しながら進む“車線またぎ”、信号が青になった瞬間、対向の直進車より先に猛スピードで右折する“早曲がり”、前の右折車がもたつく隙に、後続車が右折する“右折中追い越し”--こうした極悪マナーが常識になっているという。

“県民性博士”と呼ばれるナンバーワン戦略研究所の矢野新一所長は、
「運転マナーは県民性を反映するもの。愛知県の場合、日本一の車社会(車の総登録台数1位)であることが背景にあります。
県民の気質が、運転マナーとしてはっきり現れるのが大阪ですね」
せっかちな大阪人ゆえ、スピード違反の件数は16万115件とブッちぎり。“黄色まだまだ、赤勝負”の愛知県の4万7601件と比較しても、ケタ違いの数字となっている。
「後続車がグングン車間を詰めてきて、こちらがミラーで運転席を見ると“もっとスピード出さんかいっ!”と睨みつけてくるような感じです」(現役トラックドライバーで交通ジャーナリストの長野潤一氏)

こうした煽り行為も、大阪弁でいう“イラチ”な気質を反映してのこと。
「駐車違反にも大阪人のせっかちな気質が現れています。大阪の人は、駐車場代と、違法駐車で払う罰金を天秤にかけているんです。
違法駐車も、毎回摘発されるわけではありませんからね。天秤にかけた結果、“駐車場代より罰金のほうが安くつく”と考えるんでしょう」(前出・矢野氏)

大阪の路上駐車事情も最悪に近い。
「左端レーンは路上駐車車両で常にびっしりです。左折しようと、左から二番目のレーンの最後尾についたら、いつまで経っても前に進まない。
よく見たら、前の車も駐車車両だったんです。ほかじゃこんなこと、考えられないですよ」(タクシー運転手・埼玉県出身)

このように、二重駐車、三重駐車は大阪では当たり前なのだ。乱暴なのは駐車だけではない。
「大阪の人は、2車線の道路ではウインカーを出さずに車線変更をする。“ウインカーを出すと入れてくれない”からだそうです」(前出・相川氏)

強烈な印象を残す名古屋と大阪の二都に比べると、大都市・東京には意外なデータが。
確かに、人口も車の台数も多いため、交通事故件数では全国ワースト3位。飲酒運転事故件数でも全国ワースト4位。ところが運転免許保有者10万人あたりの飲酒運転事故件数を見ると、実は全国で最も少ないのだ。
率でいうと、全国で飲酒運転事故が最も少ないわけで、飲酒運転撲滅の意識がしっかりできている、ということになるだろう。
「通勤に車を使う人が少ないことが関係しているんでしょう。一杯飲んで、そのまま運転して帰ることがないからです」(矢野氏)

同じ首都圏の神奈川県にも、その傾向があり、10万人あたりの飲酒事故件数は全国45位となっている。
ただ、同じ関東でも茨城県は事情が異なる。
「愛知に負けず劣らず、茨城は1人1台の車社会。車の運転に慣れているという思いがあり、実際に運転も上手いんですが、マナーは悪い。制限速度で走ろうものなら、煽られることは必至です」(地元紙記者)
どうか、ご注意を!

8月27日公開のvol.2に続く・・・

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.