日刊大衆TOP 娯楽

【井崎脩五郎】「悪夢」のような大自慢大会

[週刊大衆02月16日号]

競馬新理論 井崎脩五郎
「悪夢」のような大自慢大会


競馬の「悪夢」には、ふた通りある。
「この馬が負けるなんて!」
もうひとつは、
「こんな馬が来るなんて!」
このふた通りである。

昨年9月27日(土)、阪神最終レースに出現した悪夢という暗号は、まるっきり人気のない3頭によって構成されていた。6、7、8番に入った3頭の名前の末尾が、つなげるとアクムになっていたのだ。

6番 グインネヴィ(ア)
7番 マンドレイ(ク)
8番 レッドオーラ(ム)

この3頭、いずれも前走でふたケタ着順の大敗を喫しており、そろって人気薄。
単勝オッズは、6番から順に「125.1倍」「53.8倍」「28.1倍」だった。
だけど、この3頭が突っ込んで来て、本命党は悪夢を見てるような気分になったりしてなあ……と、立川末広はこの3頭の馬連ボックスを買ってみたというのである。

そうしたら、まさかが起きてしまった。
8番レッドオーラムが中団から差して来て1着。先行した6番グインネヴィアが2着。
なんと、馬連で12万2490円という超大穴が転がり込んで来たのだ。

レース後、まるで悪夢のような大自慢大会を延々とやられてしまった。


■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【井崎脩五郎】「悪夢」のような大自慢大会

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.