日刊大衆TOP 須田慎一郎

第40回 男の職業“トラック野郎”の悲しい現実

2015-02-02

経済ジャーナリスト 須田慎一郎が徹底予想!

トラック運転手の労働環境が、とんでもなく悪化している。

一昔前までのトラック運転手、例えば長距離トラックの運転手の仕事内容は、一言でいってしまえば、トラックの運転手役にほぼ限定されていたといっていい。ところが、ここ最近のトラック運転手には、本来なら仕事外となるはずの荷物の積み下ろし作業までも要求されるようになったのだという。

その背景には、運送会社そのものの経営状態が極めて厳しい状況に置かれているという実情がある。‘14年後半からガソリン価格が大幅に低下したが……。

「燃油代が急騰していた際には、倒産や廃業に追い込まれる運送業者が続出していました。それというのも、燃油代の上昇分がまったくといっていいほど運送価格に転嫁できなかったからです。景気低迷のあおりを受けて荷主も、運送価格の上昇には全く応じようとしませんでしたし、トラック運送業界内の過当競争もあって、運賃はむしろ下がっていったのです」(中堅トラック運送会社社長)

結果的に、そのしわ寄せは、トラック運転手に向かうこととなった。

例えば、ほとんど休息なしに24時間連続運転を強いたり、東京ー大阪間を走るのに、高速道路の使用を認めず、一般道の走行を強制したり(高速料金を節約するため)、ともかくトラック運転手を酷使することで利益を出そうとしたのである。

しかしこのことによって、交通事故及び交通違反が激増するという状況を招いてしまったのである。

「このためトラック業界は、警察サイドから睨まれることになったのです。まさに、負のスパイラル状態に陥ってしまったといえるでしょう」(前述の中堅トラック運送会社社長)

しかし、だからといってトラック運送業界におけるダンピング合戦(値引き競争)は、まだまだ収まる気配が見えない。

トラック運転手の過酷な労働実態は、まだしばらく続きそうだ。


須田慎一郎(すだ しんいちろう) プロフィール
1961年、東京生まれ
経済ジャーナリスト。日本大学経済学部卒。経済紙の記者を経て、フリー・ジャーナリストに。「夕刊フジ」「週刊ポスト」「週刊新潮」などで執筆活動を続ける傍ら、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」、テレビ大阪「たかじん NO マネー」、ニッポン放送「あさラジ」他、テレビ、ラジオの報道番組等で活躍中。 また、平成19年から24年まで、内閣府、多重債務者対策本部有識者会議委員を務める。政界、官界、財界での豊富な人脈を基に、数々のスクープを連発している。

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.