日刊大衆TOP 芸能

ズバリ本音で美女トーク☆佐々木心音(タレント)

[週刊大衆02月16日号]

ズバリ本音で美女トーク☆佐々木心音(タレント)

もっと画像を見る

「童貞君との濡れ場シーンは母性全開で優しくリードしてあげてたっぷり可愛がってあげました」

グラビアだけでなく、女優としても活躍の場を広げている佐々木心音さん(24)。2月7日より公開される映画『スキマスキ』では、隙間に愛着を感じてしまう性癖を持つ主人公を相手に、セクシーさ全開で誘惑する大学生役を演じ、新たな魅力を振りまいている。そんな禁断の“フェチ映画”に主演した彼女に、直撃インタビュー!


――主演映画『スキマスキ』では、キュートなヒロインのフミオ役を演じていますね。

佐々木 今まで出演した映画は、わりにシリアスなトーンの作品が多かったんですよ。でも、今回の映画は、同世代の共演者の方たちも多く、現場も和気あいあいとしていて。みんなでワイワイ楽しみながら撮影することができました。

――主演のプレッシャーはなかったですか?

佐々木 原作の漫画を読んでいたので、「私で大丈夫かな?」という不安はありました。フミオは色っぽくて、ちょっぴり小悪魔な女の子なんです。私には、そういう要素があんまりないので、どうやって演じたらいいんだろう? って、役作りでかなり頭を悩ませましたね。

――どのように役作りしたんですか?

佐々木 陽気な性格でハイテンションな女の子なんですけど、そればかり考えて演じると、わざとらしくなってしまう怖さがありました。だから、自分の中のフミオと似ている部分をチョイスして、そこを膨らませて演じることを意識しました。

――どんなところが、自分と似ていると思ったんですか?

佐々木 ポジティブで、細かいことは気にしないところは似ていますね。あと、フミオはお酒が弱くて、すぐに酔っぱらって能天気になっちゃうんです。居酒屋でお酒を飲んでベロベロになっているシーンがあるんですけど、あれは普段の私そのまんまです(笑)。

――そうなんですか!? ほてった顔に、舌足らずなしゃべり方がキュートでした。男性は間違いなくフミオちゃんに恋しちゃいますよ!

佐々木 私も酔っぱらうと陽気になって、ハシが転がってもおかしくなっちゃう。飲めば飲むほど調子に乗ってしまうタイプなので、居酒屋のシーンはほとんど素ですね。映画の撮影が終わって、打ち上げをやったのですが、皆さんから「そのまんまじゃん」「撮影中も飲んでたんじゃないの?」って突っこまれました(笑)。

――男性に「このあとお持ち帰りできるぞ」と思わせるような隙もありますよね。

佐々木 フミオはそうですね。あ、私は実際そんなことないですよ! 記憶をなくすほど飲んだことはないので、酔った帰り道もシュッとしています(笑)。

――佐々木さんはお酒の席で、気になる男性にあえて隙を見せたりしない?

佐々木 強がりなので、あまり男性に甘えられないタイプなんですよ。好きな人の前だと、カチカチに硬直してしまって。むしろ目の前に好きな人がいたら、関係ない隣の人に甘えちゃうかも。

――隣の人は勘違いしちゃいますね(笑)。

佐々木 ウフフ。好きな人以外のほうが、ラフに甘えられるかもしれないなぁ。

――ほかにフミオと似ているところはありましたか?

佐々木 あとは、寝ているシーンも普段のまんまですね。私、冬でも服をはだけて寝ているんです。

――もしかして裸族?

佐々木 はい。上に布団さえあれば、冬でもすっ裸に近い格好で寝ています。監督さんに「普段はどういう格好で寝ているの?」って聞かれて、「お尻がちょっと出ていて……」と告白しました(笑)。

――かなりセクシーな寝姿でしたよ。

佐々木 実際は、それにプラス「よだれ」みたいな感じですけどね(笑)。

――隣人の私生活を覗き合う、という刺激的な内容ですが、覗かれる感覚はいかがでしたか?

佐々木 そんなに嫌いではなかったです。フミオは、向かいに住む男性にカーテンの隙間から覗かれていることを知りながら、窓際に立って着替えたりするんですけど、もしこういう環境になったら、自分も同じことをやるかも!? って(笑)

次ページ >> ズバリ本音で美女トーク☆佐々木心音(タレント)

ズバリ本音で美女トーク☆佐々木心音(タレント)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.