日刊大衆TOP コラム

ボクシングの「サンドバッグ」に砂は入っていない!?

[週刊大衆2月16日号]

ボクサーが力任せにサンドバッグを殴ると衝撃で表面が破れ、砂が床にサラサラとこぼれ落ちる。ボクシング漫画で、そんなシーンが描かれることがあります。
しかし、そんなことは実際にはありえません。サンドバッグの中身はフェルトやスポンジなどで、砂は一粒も入ってないからです。ではなぜ、サンドバッグなどという名前がついたのでしょうか。

ボクシングが日本に伝わったのは大正時代。練習用のサンドバッグもその頃に入ってきたのですが、当時は中身を自分たちで詰め込んで完成させるものでした。練習生たちは何を詰めたらいいのかわからず、とりあえず砂を入れてみました。
ところが、時間がたつと砂はガチガチに固まり、拳を痛める者が続出。これではダメだと中身を入れ替えましたが、名前だけはそのまま残ったというわけです。
だから、ボクシングのサンドバッグは日本だけで通じる和製英語。外国ではパンチングバッグとかトレーニングバッグと呼ばれています。

では、英語圏でサンドバッグと言うと、どんな意味になる?


答えはココを押す! 答え :土のう


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.