日刊大衆TOP 岩井志麻子

岩井志麻子【あの男とこの男は違うけれど……】3/4

2015-02-17

岩井志麻子のあなたの知らない路地裏ホラー

直接的なストーカー被害はなかったが、如月と名乗る怖いファンに怖い目に遭わされた話をしてくれた美熟女タレント梅香は、しばらくして連絡し直してきた。

「実は私、二十年くらい前にも怖い変な男に脅かされ続けたんですよ」

ストーカーという言葉が、一般的に使われるようになった頃と重なる。

「あの頃はまだ学生で、芸能活動を始めたばかりでした。ある地方のロケ先で知り合った、ちょっと年下の人と仲良くなって。すぐに、そういう仲になっちゃった。

あの頃はまだパソコンは一般的じゃなかったし、携帯も簡単なショートメールしか送れなかったけど、遠距離恋愛に励みましたよ。あの頃はそんなに男経験なかったけど、彼とはエッチの相性もすごく良くて、結婚を考えるほどになりました。

でも、長くは続かなかった。私の仕事が忙しくなったのもありますが、彼は他の女とも遊んでたんです。それを問い詰めると、暴力をふるうようにもなりました」

彼は勤めを辞め、梅香につきまとうようになる。梅香の財布から金を抜いたり、勝手に指輪や腕時計を売られたりした。梅香から別れを告げたら、完全にストーカー化した。

梅香は実家に戻り、彼が訪ねてきても親が追い返すようになった。すると彼は郵便受けにネズミの死骸を入れたり、庭に置いてある自転車を壊したりといった嫌がらせをしてきた。親も不眠症になるなど悩んだが、警察に注意してもらっても止まない。

塀に赤ペンキで大きく「死ね」と書かれたときは、弁護士も頼んで刑事告訴寸前まで行った。塀を塗り直す費用を出してもらって示談にし、そこでいったん嫌がらせは止んだ。

「まさかそいつが、のちの如月になった、なんてオチはないよね」

そう聞くと梅香は妙にきっぱり、100%それはないと首を横に振った。


岩井志麻子(いわい しまこ) プロフィール
1964年12月5日生まれ
A型
高校在学中の1982年、第3回小説ジュニア短編小説新人賞に佳作入選。少女小説家を経て、1999年『ぼっけえ、きょうてえ』が選考委員の絶賛を受けて、日本ホラー小説大賞 を受賞。 半生を赤裸々に語るトークや「エロくて変なオバチャン」を自称する強烈なキャラクターが注目を集める。

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.