日刊大衆TOP 社会

ブーム再燃!? 鳥取発の萌えペナントが大人気に

ブーム再燃!? 鳥取発の萌えペナントが大人気に

『ペナント』……四十~五十代の方であれば「懐かしい」とか「昔、売ってたなぁ~」と思うでしょう。しかし、三十代以下の方は「なんすか、それ?」と思ってしまうのでは?
それは当然のことでしょう。『ペナント』とは、だいたい30~40年前ぐらいに観光地で販売されていた土産物で細長い二等辺三角形の布(及び厚手の紙)に、その地名や観光名所のイラストなどが描かれていたものである。
ちなみに『ペナント』の語源は、下級ナイトが槍につけていたペノンと呼ばれる長三角の旗。これと軍艦が掲げる長三角旗の一種、ペンダントを合わせて生まれた言葉なのだとか。本来は船舶業界で、その所属やメッセージを表示するためにマストに掲げられていたため、土産用のそれは『観光ペナント』とも言う。
これがかつて観光地の土産店で大量に販売されていたのである。あの東京ディズニーランドでも開園当時には土産として販売されていたほどポピュラーだったのだ。

しかし時の流れと共にペナントは廃れ、平成に入ると見ることも少なくなった。たまに見かけたとしても『いやげもの』として扱われるほどだったのだが、なんと今、再び脚光を浴びつつあるのだ。
そのキッカケになったと言われているのが『きみわた』だ。
『きみわた』とは鳥取県倉吉市にて、美しい自然や風土、人々の生き方や現実に抱える問題を、イラスト、漫画、小説、映像などで表現していく『2012年まんが王国とっとり建国』に端を発するプロジェクトのこと。そのキャラがいわゆる萌えキャラなので、『萌えおこし』としても注目を集めている。
この『きみわた』のグッズ展開の一環として白壁土蔵群と白兎神社をモチーフにしたペナントが作られたのだ。そして、これが『萌えペナント』として一部のマニアの間で注目を集めて人気が沸騰。なんと現在は在庫切れしているほどなのだ。

02
イベントでの販売ブース。ペナント以外にもいろいろなグッズを
展開している

「このプロジェクトを始めた当初、グッズに関しても他にはない特色を出したいと思いました。そこで、昔自宅にも飾ってあって好きだったペナントを題材にしたんです。『きみわた』は鳥取の風景とキャラで構成される物語ですから、観光地ごとの特色で作られていたペナントは、親和性が高いのではと考えたんです」(きみわたプロジェクト:羽田忠正氏)

003


その結果、生まれたペナントであるが、その反響は意外だったようで……。
「正直、かなり勢いに任せて作ってしまったものでした(笑)。しかし、ユーザーさんには意外と好評で、イベントで販売するために、急遽追加発注したほどでした。これがきっかけになったかはわかりませんが、全国的にペナントが見直され始めているのなら、嬉しい話ですね。できれば第2弾、第3弾も作りたいと思っています」(同:羽田忠正氏)

最近では東京タワーやスカイツリーでも“最新の”ペナントが販売されているとか。皆さんも“懐かしくて新しいお土産”としていかがでしょう?

きみわた~君と私と想い街~
http://www.kimiwata.com/

きみわた公式オンラインショップ
http://toyoi.cart.fc2.com/

004


ブーム再燃!? 鳥取発の萌えペナントが大人気に

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.