日刊大衆TOP 社会

Oh“ワン”ダフル!?愛犬マルチーズに1億7000万円の遺産を…

ある女性が愛犬へ遺言書を作成し、驚くべき内容に周囲から注目を集めている。

「今の私が幸せなのは、このマルチーズのおかげ。この子は神様からの授かりもの、私の生き甲斐よ」

と溺愛っぷりをアピールするのは、ニューヨークのクイーンズ区在住のローズ・アン・ボルサニーさん(60)。会計士として成功を収めている彼女は、「息子はいるものの、全資産を愛犬に譲ります」という趣旨の内容を、遺言書に記したという。

メディアによると、預金、有価証券、不動産、信託ファンド、宝飾品など、日本円にしておよそ1億7000万円という巨額の資産が、3歳のメスの愛犬「ベラ・ミア」ちゃんに相続されるというが、犬はお金の価値など知る由もない。当然、どのように活用できるのか疑問である。ローズさんの大胆すぎるその行為に、人々は苦笑いしているそうだ。

そんな主人を持つベラ・ミアちゃんは、大変優秀な犬であることが判明。実は『New York Pet Fashion Show』で連続優勝を果たし、さらにペットのファッションショーでいくつもの賞を勝ち獲ったという、なんとも“ワン”ダフルな経歴だ。

ローズさんの希望としては、自分の死後も、愛犬に高級な衣装や宝飾品を購入してあげてほしいとしている。また、ベラ・ミアちゃんには「ボギー」というチワワのボーイフレンドの存在も明かし、昨年のバレンタインデーには、ボギー君からなんと7万円のダイヤのネックレスをプレゼントされたという仰天エピソードも明かした。こうして、セレブ犬として居続けるために、たくさんのお金が必要と考えているそうだ。

一方で、気になる息子たちの存在だ。財産を残さない理由として、成人した息子たちは、すでにビジネスで成功しているという。そのため、母親の資産には興味がないと話しているそうだ。これは、親として幸せなことだとも誇らしげに語っている。

欧米では、過去にこんなケースもある。「私が死んだらこの子も安楽死させ、一緒に埋葬してください」との遺書を残して息を引き取った女性もいたそうだ。その後、愛犬家の間で物議をかもしたという。愛犬と深い愛情で結ばれていたらしいが、飼い主の勝手な都合でペットを振り回しては、時に不幸となり得るだろう。ベラ・ミラちゃんの心境は分からないが、犬にとっての幸せを優先して考えてほしいものだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.