日刊大衆TOP 娯楽

【競馬データ予想】柔軟性◎アヴニールマルシェ

[週刊大衆02月23日号]

データ予想 須田鷹雄
柔軟性◎アヴニールマルシェ


共同通信杯は、過去10年全馬を均等買いした場合の回収率が単45%、複64%で堅い重賞と言える。1、2着はすべて6番人気以内なので、穴を狙う場合は3連単の3着をひねるくらいしか方法がない。

関東馬、関西馬で言うと、特に関東馬は人気馬しか走らない傾向にある。西高東低の競馬界では「人気の関西馬+人気薄の関東馬」というイメージを抱いてしまいがちだが、このレースに限っては逆になっている。前走クラス別成績で見ると、新馬・未勝利を勝ちたての馬は過去10年で〔00015〕。人気になる馬もいなかったとはいえ、まったく馬券になっていない。500万条件組とオープン特別・重賞組の比較では後者が明らかになる。
ただ前者には「500万条件を負けてきた馬」も含まれるので、勝ってきた馬に限っては馬券に入れることも検討の価値がある。
前走オープン特別・重賞組は、その前走で6着以下だと〔00220〕。一方で3着以内だった馬は〔97413〕。

つまりこのレースは「前走オープンで3着以内だった馬」が中心で「前走500万条件を勝った馬」がときどき上位に顔を出し、その他は3着止まりか着外、という構造になっていることになる。

それゆえ先述したように堅い重賞なのだ。ちなみに前走オープン6着以下から3着に入った2頭は、いずれも前々走では好走していた馬。2度続けて大敗した馬はたとえオープンに定着していても苦しい。

今回の想定馬で前走オープン好走馬というと、◎アヴニールマルシェになる。新潟2歳Sと東スポ杯はまったくタイプの違う競馬だが、そこでいずれもタイム差無しの2着できたのは地力の表れ。若馬でありながらどんな位置取りにも対応できる柔軟性もある。今回は前走と同じコースだし、大敗はないだろう。

○は前走が重賞4着でわずかに基準を満たさないのだが、ソールインパクトを指名したい。今の中山は1年前に比べるとディープインパクト産駒でも走れる路面になっているのだが、それでも中山→東京のコース替わりはプラスだろう。キャリア4戦目までの走りなら、ここでも馬券圏内に足りてくるだろう。

▲には血統と前走の勝ちっぷりからドゥラメンテを挙げるが、書いている時点で出否未定。

回避ならデビュー2連勝の★アンビシャスを繰り上げたい。


■須田鷹雄 プロフィール
1970年東京都生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。大学在学中に競馬ライターデビュー。競馬以外のギャンブルも含めた「旅打ち」をライフワークとし、国内の全公営競技場を踏破した経験を持つ。

【競馬データ予想】柔軟性◎アヴニールマルシェ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.