日刊大衆TOP コラム

もともと「レオタード」は男性用だった!?

[週刊大衆2月23日号]

ものごとのルーツをたどると、意外な事実が見えてきます。たとえばエアロビクスですが、心肺機能を高めながらシェイプアップできるというので、女性たちの間で一時、大ブームになりました。
しかしエアロビクスはもともと、運動不足や肥満に悩む人のために作られたものではありません。

この運動を初めてやったのは宇宙飛行士。実はエアロビクスは、NASAが開発した宇宙飛行士訓練プログラムの一つだったのです。
また、エアロビクスをやるときのユニフォームともいうべきレオタードにも意外な過去があります。女性の衣装のイメージが強いレオタードですが、あれを初めて着たのは男です。

19世紀フランスのジュール・レオタールで、この人物の名前がレオタードの語源になっています。
レオタールは仕事をするとき、レオタードを着て観客の前に登場。女性客から圧倒的な支持を受けていたとか。レオタードは本来、男の肉体のたくましさ、大きさを誇示する衣装だったわけです。
レオタード姿で人前に出たこの男の仕事とは?

(1)プロレスラー
(2)舞台俳優
(3)曲芸師


答えはココを押す! 答え :(3)


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.