日刊大衆TOP コラム

日本最初の料理番組は?

[週刊大衆2月23日号]

テレビ番組の定番といえるのが料理番組です。毎日さまざまな人が、いろいろな料理の作り方を紹介しています。日本における最初の料理番組については諸説あり、ハッキリしませんが、有力なのは昭和28年に始まったNHKの『ホーム・ライブラリー』。

後にこの番組の料理コーナーが独立し、今も続く『きょうの料理』になっています。では、世界初の料理番組はいつ始まったのか。これには定説があり、1937年(昭和12年)にイギリスBBC放送が始めた「夕べの料理」が第1号とされています。初めてのテレビ料理人になったのはマルセル・ブールスタン。英語圏にフランス料理を定着させたといわれる大御所だったそうです。このとき、ブールスタンが作ったのはどんな料理だった?
(1)オムレツ
(2)カツレツ
(3)クリームシチュー


答えはココを押す! 答え :(1)


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.