日刊大衆TOP コラム

第41回 パーフェクトな異物混入防止は本当に必要なのか!?

1isii1

須田慎一郎が徹底予測!中高年のための「とっても大事なオカネの話」
第41回 パーフェクトな異物混入防止は本当に必要なのか!?


2月5日に発表された日本マクドナルドホールディングス(HD)の前年度決算(`14年12月期)は、最終損益で218億円の赤字を計上することとなった。そんなファーストフード業界の巨人・マクドナルドや、「ペヤングソースやきそば」で知られる、まるか食品など、日本の食品業界がここ一連の「異物混入事件」を受けて、大揺れに揺れている。

しかも、そうした事件を引き起こしてしまった企業は、一気に消費者の信頼を失い、業績も急降下するなど、経営面でも大きなダメージを負うことなってしまった。

今の時代、食品にちょっとした「異物」が混入しただけで、その商品を製造、販売している企業は、まさに致命傷を負うことになってしまうことは間違いない。

とはいえ、その生産過程で、100%の確率で異物混入を防止することは、企業側にとっては相当に難しい作業であるといっていい。

「果たして本当にそんなことが、現実問題として可能かどうか、考えてみたこともない」(大手食品メーカー幹部)

ところが今や、そうしたことが確実に求められる時代になりつつあるようだ。

次ページ >> 第41回 パーフェクトな異物混入防止は本当に必要なのか!?

第41回 パーフェクトな異物混入防止は本当に必要なのか!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.