日刊大衆TOP 社会

ああ無情!? 無人飛行カメラ「ドローン」の“失敗”映像集が話題に

『ドローン』とは本来、無人で飛行することが可能な航空機のこと。総じて遠隔操作ができるラジオコントロール玩具もカテゴライズされることがあり、現在ではコチラを指すことが多くなっている。

簡単にいってしまえばラジコンのヘリコプターなのだが、最近ではおもちゃとは思えないほど進化したものが販売され、まさに“大人のおもちゃ”としてユーザーが急増中だ。もともとラジコンのヘリコプターは以前より存在したが、素人には操作が難しかった。しかし最近はローターが4つある『クアッドコプター』が登場し、素人でも安定した飛行が楽しめるようになった。

現在、各社から様々なドローンが発売されているが、人気の理由はやはり「動画撮影」が可能なこと。ドローンの登場によって素人でも安価で大迫力の空撮が簡単にできるようになったのだ。

当然、YouTubeにはドローンによる空撮動画がたくさんUPされているのだが、やはり人が操作する以上、事故はつきもの。同じくドローンのクラッシュ動画も、沢山存在する。

森の中を飛んでいて木の幹に突っ込むドローン、上空高く上がりすぎて機体をみうしなったのかビルに突っ込むドローン、はたまた低空を飛びながらフリスビーよろしく犬にキャッチされてしまうドローン、あえなく水没してしまうドローン……。

どれも事故であり悲劇であるには違いないのだが、思わず笑ってしまう(?)動画がてんこ盛りなのだ。

もしドローンで空撮をする時は、以下のクラッシュ動画を参考に、危険な飛行はしないように注意したいもの。ちなみにドローンを購入する際は、クラッシュした時にオシャカになりづらい、羽根の外側にガードがついているタイプのほうがオススメだ。



この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.