日刊大衆TOP 娯楽

【うっかり馬の助】初泥酔の情けない思い出…

史上最低の東大中退ライターうっかり馬之助 酔いどれ競馬奮戦記
初泥酔の情けない思い出…


初めて酒を飲んだのは40数年前、大学受験が終わった日のこと。その夜、宿泊していた旅館で、布団にどっかと座り、酒屋で買ったウイスキーの瓶を開けた。

同宿していた数人の受験生は階下の娯楽室でビリヤードに興じていた。時折、上がる歓声を聞きながら、アタシは人生初のウィスキーを舐めた。

いやあ、あの時のウイスキーは美味しかった。甘く、辛く、魅惑的だった。 

それから1時間ほどのち、突然、目が覚め、ゲロまみれの布団に寝ているのに気がついた。傍らにはウイスキーの空き瓶。同宿者たちはまだ階下で遊んでいる様子……。

突然、羞恥心が起こり、帳場に電話をかけて吐いたことを告げたが、結局、同宿者たちには気付かれてしまった。

次ページ >> 【うっかり馬の助】初泥酔の情けない思い出…

【うっかり馬の助】初泥酔の情けない思い出…

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.