日刊大衆TOP コラム

第45回 お色気ハニートラップからサイバースパイまで…中国スパイの驚くべき情報収集力


先日、台湾で「史上最大」と地元メディアが大騒ぎするスパイ事件が発覚した。

「犯人」はもちろん、台湾と海を挟んでにらみ合う中国共産党だ。退役した台湾軍の元陸軍少将が戦闘機やミサイルの情報を人民解放軍の元高官に流していたらしい。

60年以上前に戦火を交え、まだ平和条約が結ばれていない中国と台湾が激しい情報戦を繰り広げるのは、ある意味当然のこと。ただ、中国と平和条約を結んでいる日本も、残念ながら「情報戦」と無関係ではない。

上海総領事館の電信官がハニートラップの罠にかかって暗号解読システムの提供を強要され、自殺した事件を覚えている読者も多いだろう。

一般的に、中国のスパイの手法は「広く薄く」情報を集めるのが特徴……とよく言われる。日本に住む中国人は登録されているだけで65万人。実際、不自然な動きをしている在日中国人はいる。

次ページ >> 第45回 お色気ハニートラップからサイバースパイまで…中国スパイの驚くべき情報収集力

第45回 お色気ハニートラップからサイバースパイまで…中国スパイの驚くべき情報収集力

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.