日刊大衆TOP 芸能

TV各女子アナのプロ野球選手狩り「肉弾接待バトル」実況中継 vol.1

[週刊大衆4月8日号]

「スポーツ担当女子アナにとって、プロ野球のキャンプとオープン戦は最大の腕の見せどころなんです。この時期に選手と密な関係を作れるかどうかで、その後の仕事のやりやすさも違ってくる。もちろん、選手と個人的にお近づきになりたいだけの女子アナもいますけどね(笑)」(制作会社ディレクター)

いよいよ、今週に開幕するプロ野球。だが、それよりもひと足早く"肉食ペナントレース"を繰り広げていたのが、テレビ各局の美女アナたちだ。

なかでも、フジテレビのミタパンこと、三田友梨佳アナ(25)が放つオーラは別格だったという。『めざましテレビ』のスポーツ担当として、キャンプ地巡りを行なった彼女だが、「沖縄・国頭村の日本ハムキャンプでは"二刀流"の超大物ルーキー・大谷翔平を直撃。堅物といわれる大谷も、彼女が放つ"お嬢様フェロモン"に、思わずニンマリという場面がありました」(スポーツ紙記者)

実家は、日本版ミシュランで三つ星に輝いた老舗の高級料亭で、父親が明治座の社長でもある三田アナは正真正銘のお嬢様。高級ブランドの服をさりげなく着こなすセンスのよさは、さすがのひと言だ。
「日ハムのキャンプ地で見たときの彼女は、薄手の紫のタートルネックのセーターに黒のパンツルックでしたが、あまりにもパンツがピチピチなので、パンティラインが浮き出ているように見えました。しかも彼女、意外にムチムチした肉感的な体をしてるんです。テレビで見るよりも、遥かにセクシーな印象を受けましたね」

現地で取材していたカメラマンは、こう証言して続ける。
「地元のファンが連れていた犬がいきなり、三田アナのお股めがけて突進。彼女の股間のニオイを嗅ぎ、舐め回したりするというハプニングもありました。犬は、かがみ込んだ彼女の首筋をペロペロ音を立てて舐めまくったんですが、彼女は顔を赤くしながらもどこか嬉しそうな表情で、犬をあやしてましたね」

ミタパンの股間は、フツーの犬を"バター犬"に変えてしまうらしい!?

巨人のキャンプでは、打ちとけた雰囲気で坂本勇人にインタビューしていた三田アナだが、「巨人の"合コン大王"の異名を取る坂本だけに、ちゃっかりミタパンと合コンの約束を取りつけたのかもしれません(笑)」(スポーツジャーナリスト)

キャンプ取材を通じて、親密な関係になった女子アナとプロ野球選手の例は枚挙にいとまがないが、「いまでもよく行なわれているのが、女子アナと選手の食事会。早い話が合コンです。会をセッティングするのはプロ野球担当ディレクターの仕事で、気持ちよく飲み食いさせて、選手から貴重な情報やコメントを引き出すのが狙い。そういう意味では、女子アナは"接待要員"でもあるんです」と、女子アナ評論家の高島恒雄氏が解説する。

実は、三田アナは青山学院大学で、硬式野球部のマネジャーを務めていたほどの野球通でもある。
「野球選手の扱い方を知っているぶん、彼女は接待係として重宝されるかもしれませんね」(前同)

反対に、ミタパンがプロ野球選手を"狙い撃ち"する可能性もありそうだ。

日ハムのキャンプで"珍プレー"をやらかしたのが、フジのミオパンこと、『すぽると!』の松村未央アナ(26)。
「ファンが多すぎて、大谷に近づくことができなかった松村アナは、番組スタッフに頼んで、自分の横を大谷が通りすぎる瞬間、"一見ツーショット"の写メを撮ってもらったんですよ。満面の笑みを浮かべたミオパンの表情は女子アナというより、単なるミーハーでしたね(笑)」(前出・カメラマン)

余談だが、同じ日ハムのキャンプで野球選手に目もくれず楽しんでいたのが、TBS『朝ズバッ!』の高畑百合子アナ(32)。
「番組で共演のみのもんたと終始、ピッタリとくっついて歩いていて、親密そうでした。関係者以外立ち入り禁止のエリアでも2人で記念撮影するなど、やりたい放題でしたよ」(前同)

4月6日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.