日刊大衆TOP 社会

【首都圏連続不審死事件】女が語る「オンナの凶悪事件」10の恐怖 事件01

[ヴィーナス02月06日号]

凶悪な殺人事件を起こした女性たち。彼女たちの心情を、似た境遇のオンナが読み解く! そこでわかったのは犯罪を犯すか犯さないかは薄皮一枚の差であり、誰しも、その一線を越えてしまう可能性があるのだ。あなたの側の女性も、もしかしたら……!?

【事件概要】
2009年9月、木嶋香苗被告(当時34)と交際していた男性が次々と不審死を遂げたことから、事件が発覚。男性たちは、ほぼ数百万から数千万の多額の金銭を彼女に渡していたこともわかっている。

彼女の周辺では6人もの男性が次々と死亡したのに加えて、その他にも多数の男性への詐欺などの容疑で逮捕。現在も公判は進行中だ。

この事件では、木嶋が小太りで地味なルックスであり「なぜ、こんな女性に多数の男性が騙されたのか?」と話題にもなった。
婚活を利用した事件であることから、「婚活連続殺人事件」などとも呼ばれる。

「なんであんなのに男が騙せたのかって言う人がいるけど、あのタイプは意外とモテるのよ。男性はブスでも気立ての良い子のほうが美人より結婚相手にいいと思ったりするから。結局、木嶋はそこに気がついて、その手の男性ばかり狙ったんだと思うわ。風俗にも"風俗嬢だけど地味で気立ての良い"ってタイプがナンバーワンになったりするし。でも、そういう子の気立ての良さって演技なんだけどね」(41歳・風俗勤務)

木嶋香苗被告は現在、拘置所内からブログを積極的に更新し、情報を発信している。彼女の周りには男性の支援者もいるようで、今後が注目される

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.