日刊大衆TOP 社会

宣教師が驚くほど奔放だった、戦国時代の日本人の性観念!?

現代ではダダ漏れといった感すらある性に関する情報。インターネットで検索すれば、世界中の人たちがどんな夜の営みを行っているか、一瞬のうちに知る事ができる。
しかし、十五世紀後半から十六世紀後半においては、当然そうは簡単にいかなかった。とりわけ、キリスト教がを広めるため、はるばる海を渡ってやって来た宣教師たちは、この時代の日本人の性観念に非常に驚いたという。

戦国時代の性観念については、宣教師ルイス・フロイス(一五三二~一五九七)の著作『ヨーロッパ文化と日本文化』(原題『日欧文化比較』)そして『日本史』や書簡・報告書の類が興味深い事実をいくつか指摘している。

『ヨーロッパ文化と日本文化』は、フロイスが永禄六年(一五六三)に来日して以来、慶長二年(一五九七)に亡くなるまでの間、当時の日本社会をつぶさに観察し、ヨーロッパとの比較・対照を行い記録したものだ。ちょうど織田信長が活躍した時代であり、当時の生活文化を知るうえで貴重な史料である。

異国の地からやってきたフロイスにとって、日本人の性観念は驚きの連続であった。フロイスは布教の参考とするため、日本の文化を深く知る必要に迫られ、結果的に子細を書き留めたのであろう。では順に、戦国時代の性観念について、フロイスの見た事実を確認してみよう。

次ページ >> 宣教師が驚くほど奔放だった、戦国時代の日本人の性観念!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.