日刊大衆TOP 芸能

フジ加藤綾子アナ「男殺しエロ妙技」大進化中!! vol.2

[週刊大衆4月22日号]

大物芸人も虜にし、先輩アナにも可愛がられるだけではない。女子アナ的な"高嶺の花"を気取らず、制作現場でも評判は上々。あらゆる現場からラブコールが。
「彼女が素晴らしいのは、目が合った人には、ADでも誰にでも100%の確率で笑顔を見せ、挨拶してくれることですね」と番組ADがいえば、ある制作会社ディレクターはこう明かすのだ。
「毎朝、『めざまし』出演のために3時過ぎには出社する加藤アナですが、前日の収録が夜12時を超えても文句一ついわない。そればかりか、スタッフが局近くのホテルを用意しようとしても、"私だったら全然大丈夫ですよ~"と、断わって帰って行ったそうです」

誰にでも分け隔てせず、業績不振の局のために、経費出費も極力抑えようとするマジメな姿勢。彼女にどんどん味方が増えていくのも、納得なのである。

そんなカトパン、3月末、『週刊文春』誌上で発表された「好きな女子アナ」アンケート2013では、昨年の1位から2位に陥落してしまった。だが、「1位になったテレビ東京の大江麻里子アナは、4月からのニューヨーク転勤が決まり、しばらく番組で姿が見られなくなるため、はなむけ票が集まった。むしろ、陥落したことによって肩の力が抜け、ますますオヤジ殺し妙技に磨きがかかるんじゃないかと思いますよ」(女子アナ評論家・高島恒雄氏)

嗚呼、カトパン。君は、いったい、どこまで魅力的に進化を遂げるのか……!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.