日刊大衆TOP 芸能

春の新ドラマ美女優「おっぱいぷるるん大予報」 vol.1

[週刊大衆4月22日号]

春ドラマの見どころは、ズバリ"おっぱい"! どれを見るかの悩みは、双丘の揺れる期待度を独自に数値化した、この"ぷるるん予報"で一発解消だ!!

まず、コスプレ好きにはたまらないのが、絶好調の米倉涼子(37)が女子高生に扮する、その名も『35歳の高校生』(日本テレビ系)。米倉扮するヒロイン・亜矢子は、男女共学の公立高校の3年A組に編入してきた謎めいた美女。
「高級外車で登校し、昼は喫煙所で一服。放課後には缶ビールと、すべての面で型破りな彼女が、現代の高校生が直面するいじめや、不登校などの問題を次々に解決していく、という内容です」(テレビ誌記者)

ちなみに本作のチーフプロデューサーは、松嶋菜々子主演で大ヒットした『家政婦のミタ』を手がけた人物。それだけに、「米倉の女子高生という意外性や、ヒロインのミステリアスな過去が徐々に明らかになる設定は『ミタ』と同じ。日テレが二匹目のドジョウを狙っていることは間違いありません」(前同)

それはさておき、男性視聴者の注目は、やはり米倉の女子高生ルック。ブレザーにネクタイ、紺チェックのミニスカに、紺のヒザ丈ハイソックスという純正女子高生仕様だが、169センチの長身でスタイル抜群の米倉に似合うこと、このうえない。

芸能評論家の平林雄一氏は、次のようにいう。
「米倉には、昨今の女子高生のルーズな制服の着方を真似してほしいですね。胸元のボタンを大胆に外してブラチラしたり、スカートの裾を巻いて超ミニにしてから、確信犯的にパンチラしたり。彼女なら期待に応えてくれるはず」

また、アイドル評論家の堀越日出夫氏は、「演じる以上は、女子高生のリアルを追求してほしいですね。体育の時間はブルマーを、水泳ではスクール水着をきちんと着用するべき。ま、米倉だけビキニというのもアリだとは思いますが(笑)。日テレは、視聴率は米倉のコスプレ次第だと肝に銘じてもらいたい」

米倉涼子のぷるるん予報はズバリ、85%!!

フジテレビの月9『ガリレオ』は、福山雅治が変人の天才物理学者・湯川学を演じる人気ミステリー。連ドラとしては6年ぶりの復活となるが、今回、湯川の相棒の女性刑事役を、柴咲コウから引き継いだのが吉高由里子(24)だ。
「吉高の役は、目上の人間に対しても上から目線で接する、鼻持ちならない女。そんな彼女が、変わり者の湯川と組んで、超常現象や不可思議な犯罪に挑みます」(テレビ誌記者)

若手の個性派から、第一線の"数字を持っている"女優に仲間入りした吉高だが、刑事役は初めて。
「ただ、これまで演じてきたエキセントリックな役と比べると、『ガリレオ』の彼女は普通すぎる役なのが少々意外でしたね」と、エッセイストの下関マグロ氏がいう。
「予告編を見るかぎり、吉高のパンツスーツ姿はシックだけど、胸のふくらみもヒップラインもセクシー。でも、それだけでは彼女らしくない。格闘シーンで男にキン蹴りしたり、逆に男に羽交い締めにされたり、凌辱されそうになったり、あわやポロリ、という場面を見せてほしい」

映画『蛇にピアス』では美乳モロ出しのファックシーンを披露している吉高だが、ドラマでおっぱいは無理としても"ヤルときはヤル"女優の片鱗は見せてもらいたいものだ。

前出・平林氏がいう。「吉高の人を食った言動は天下一品ですからね。2月公開の映画『横道世之介』の初日舞台挨拶では、彼女が共演の高良健吾に"好きだよ"といって、会場を大いに沸かせました。一方、福山は"オレはAVマニア"と、イケメンのモテ男とは思えない、ぶっちゃけ発言でも知られる。この二人に関しては、アドリブを交えた番外編のほうがよっぽど面白いんじゃないでしょうか」

ドラマでも、福山と吉高が下ネタトークを炸裂させれば、視聴率アップは間違いない。

一方、深夜ドラマ枠ならではのちょっとエッチで、ハジけたシーンが見られそうなのが『みんな!エスパーだよ!』(テレビ東京系)。
平凡な高校生・嘉郎(染谷将太)に突然、人の心が読める超能力が宿ったことから巻き起こるドタバタ劇。気がつけば、彼の周囲はエスパーだらけに!
夏帆(21)が演じる嘉郎の幼馴染みでクラスメートの美由紀は、ヤンキー気質丸出しのイマドキ女子高生。
「ドラマの予告編では、夏帆が飛び蹴りするシーンでスカートの下のパンティが丸見え。それも、いわゆる"見せパン"ではなく、プライベートで穿きそうな純白のパンティです。しかも、よ~く見ると黒っぽい陰まで……ネット上で"アレは夏帆のアソコじゃないか?"と評判になったほどのヤバすぎるショットなんですよ(笑)」(夕刊紙記者)

4月18日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.