日刊大衆TOP コラム

第39回 歌舞伎町で働き続けて57年――クラブオーナー吉田康博さんとホステスの資本さん

1isii1

寺西一浩 100年先まで残したい「超・人間カタログ」
第39回 クラブオーナー吉田康博さんとホステスの資本さん


東京・新宿歌舞伎町といえば、世界でも有名な歓楽街ですよね。そんな歌舞伎町で、57年もの間、働き続けるクラブオーナーの吉田康博さんとお会いすることができました!

実は今回、吉田さんのお店で働くホステスの”資本さん”を取材しようとお店に行ったところ、オーナーの吉田さんともお会いすることができ、それではお2人一緒に取材させて! ということになったんです(笑)。

001


――吉田さん(写真左)、資本さん(写真右)、よろしくお願いします。まず、吉田さんにとって東京の魅力を教えてください。

「東京は、様々な人たちがいて出会いも多い。私は、東京を”動物園”だと思っているんですよね!(笑)。人との出会いでは、歌舞伎町が一番だと思っていますし」

歌舞伎町の歴史を知る男として、吉田さんはこれまでにたくさんのメディアの取材を受けてきました。

「私のお店は風林会館にありますが、昔は本当に活気があった。繁華街だったこの街もいまでは、商店街になっちゃったよね。お酒を飲むという選択肢も広がってしまったしね。キャバレー育ちの私には、いまの状況は考えられませんね」

――吉田さんは、どれくらいのお客さんを接客されましたか?

「そうだねぇ、19歳で学校のために東京に出てきて、それからずっと東京なんです。いま77歳。歌舞伎町で27店舗の店で働き、自分の店を持って12年になりますよ。小さな国の人口くらいは接客したと思うよ(笑)」

次ページ >> 第39回 歌舞伎町で働き続けて57年――クラブオーナー吉田康博さんとホステスの資本さん

第39回 歌舞伎町で働き続けて57年――クラブオーナー吉田康博さんとホステスの資本さん

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.