日刊大衆TOP コラム

【パンチ佐藤】「ちょっとディープなウワサ話」超野球好き芸人・ヴェートーベンとベースボール対談vol.2

1isii1

パンチ佐藤の「野球が一番!」
第11回 「ちょっとディープなウワサ話」超野球好き芸人・ヴェートーベンとベースボール対談vol.2


プロ野球が間もなく開幕。それを受けて前回から「球春スペシャル」と題し、パンチ佐藤が野球好きお笑い芸人・ヴェートーベンと野球放談を展開。今回は、パンチだけが知っている「少しディープなウワサ話」だ!

001
左から久保隆、パンチ佐藤、青井貴治


パンチ佐藤(以下・パンチ)「広島出身のヴェートーベンの二人はカープ関連の仕事をよくするみたいだけど、これまで印象に残った話はある?」

久保隆(以下・久保)「生粋の広島ファンでしたら、伝説のスピードスター・高橋慶彦さんとお仕事させていただいたことが思い出深いですね」

パンチ「慶彦さん、山崎(隆造)さんコンビと、阪急の福本(豊)さん、簑田(浩二)さんコンビは70年代終盤から80年代始めにかけて、日本を代表する1、2番(打者)だったよ」

青井貴治(以下・青井)「簑田さんはクリーンアップを打っている印象が強いですけど……」

パンチ「入団してしばらくはピンチヒッターで、その後、2番打者としてレギュラーを掴んだね。それから3番打者として起用されるようになり、大ブレークした」

久保「晩年は巨人に移籍しましたよね」

●広島で試合した後、東京の彼女の元へ車で

パンチ「あと、広島のスーパースター・一木さん(仮名)は豪傑だった」

青井「ハイ。雑誌で読んだんですが、広島市民球場で試合をし、その足で東京にいる彼女の元へ車を走らせたとか」

パンチ「深夜に東京に着いて、早朝、東京を立ち、午前中に広島へ戻る……これは物理的に無理。実は、これには「ウラ」があって、本当は広島が名古屋遠征をした時の話なんだ。名古屋から東京までなら、車を飛ばせば数時間。これなら、夜スタートで翌日の午前中に戻ることは可能だよね」

青井「一説には広島を出て、名古屋で給油がてら名古屋の彼女と一戦交え、その終了後、東京に向かうとも……」

パンチ「そんな伝説も生まれるんだからね。ヤンチャだったけれど、練習は超真面目。熱心だったよ。でも、一木さんは土の広島市民球場で育っているから、人工芝に弱かったの。だから、トレード後は苦労した。移籍先のホーム球場は人工芝。僕たちは“一木は2回に1回、暴投する。一木へのゴロは全力で走れ”という指示が出されていたほど」

久保「へえ~、それは面白い話ですね」

次ページ >> 【パンチ佐藤】「ちょっとディープなウワサ話」超野球好き芸人・ヴェートーベンとベースボール対談vol.2

【パンチ佐藤】「ちょっとディープなウワサ話」超野球好き芸人・ヴェートーベンとベースボール対談vol.2

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.