日刊大衆TOP 娯楽

パチンコ店「リニューアルオープン」に潜む落とし穴


レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第11回 リニューアルオープンに潜む落とし穴


ポイントを抑えるだけでサラリーマンでもパチンコは勝てる!? 年間収支50万のパチンコライター・森本レオ子が「パチンコで手堅く勝つ」術を指南するこのパチンココラム。

前回、パチンコ業界において、いわゆる「○○オープン」はアツイ!! 中でも、グランドオープンが最も狙い目である、という話をさせて頂きました。今回は、グランドオープンほどではないにしろ、勝機となる「リニューアル(リフレッシュ)オープン」について掘り下げていきたいと思います。

「リニューアルオープン」とは、元々営業していたホールが、営業形態や外装、内装といった設備の一部を変更(実はこの点に落とし穴があることがありますが、それはのちほど説明します)し、新たに仕切り直しての営業を始めることです。

例えば、店内環境を向上させるために通路を広げる等のリフォームをする。ドル箱不要のパーソナルシステムを取り入れる。交換率変更、1円パチンコといった低貸エリアの新規導入などがそれにあたります。

一般的にリニューアルオープンというと、これくらいのスケールの変更を想定しているパチンコファンも多いのではないでしょうか。また、リニューアルのために数日~数カ月間、店を閉めることもあれば、全く店休日をとらないで実施される場合もあります。

では、リニューアルオープンはなぜ狙い目となるのか?

次ページ >> パチンコ店「リニューアルオープン」に潜む落とし穴

パチンコ店「リニューアルオープン」に潜む落とし穴

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.