日刊大衆TOP トレンド

ブレイク芸人の気になる収入とサラリーマンの比較

現在ブレイク中の芸人として、「ラッスンゴレライ」のフレーズを流行らせた8.6秒バズーカーや、ネタから生まれた曲『あったかいんだからぁ♪』の売上が好調なクマムシが話題になっている。テレビには連日ひっぱりだこ。いったい彼らの今年の収入はいくらになるのか、気になってしまうほどだ。

結論から言うと、爆発的にブレイクした芸人は、最盛期で月収2000万円以上は稼げるという。ブレイク前にはバイトをしていた芸人も多く、ブレイク後の生活はまさに天と地の違いだろう。

さて、そんな芸人のシンデレラストーリーをうらやんでも、一般のサラリーマンには、突然収入が「ブレイク」することはまずあり得ない。それどころか勤め先が不安定で、不透明な未来を抱えている人もいるだろう。

ならば、勤め人は勤め人ならではの収入対策をするべし。給料以外の副収入手段を確保するのが一番の近道だ。

勤めながらでもできる“副業”として、サラリーマンに人気を博してるのが投資信託、株、FX取引などの資産運用。中でも注目したいのはFX取引(外国為替証拠金取引)である。

FX取引といえば、「普通の主婦やOLが○千万円儲けた!」なんて話題もよく耳にする、大きな儲けも期待できる副業だ。さらにここでは一歩ふみ込んで、あまり時間を割かなくてもFX取引ができる「システムトレード」をオススメしたい。「詳細:http://www.trade-net.link/lp/

PCにインストールしておくだけの「システムトレード」。ひとたびインストールすれば、これまでの為替データを基に自動で取引を行ってくれるシステムだ。

人間のように欲をかいて売買のタイミングを見誤ってしまうこともなく、またずっと相場に張りついている必要もないのが「システムトレード」の大きなメリットで、いわば金を稼ぐマシーンである。その中でも利用者に評判なのが「トレードFX」というソフト。過去の為替データ解析はもちろん、最新の相場データも常に学習し続けて取り入れる学習機能がその人気の理由だという。おかげで大きな為替の変動があっても、ソフトに任せっぱなしで難なく乗り越えてくれたという報告もある。

サラリーマンにとって芸人のような「ブレイク」は無理でも、副収入による「年収ブレイク」は十分ありえる話。まずは何かやってみないと何も始まらない。少しでも気になる人は「トレードFX」の資料を取り寄せて検討してみてはどうだろう。資料請求はもちろん無料。さらに300円分のQUOカードがもれなくもらえるキャンペーンも実施中とのことである。


http://www.trade-net.link/lp/

<PR>

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.