日刊大衆TOP 社会娯楽

プロゲーマーから釣りプロまで、ニッチな「プロ」の気になる年収は?

先日、「プロゲーマー」を養成する専門学校が誕生したことがニュースとなった。
プロゲーマーといえば、日刊大衆世代が真っ先に思い浮かべるのは高橋名人だろう。ファミコンの超絶テクニックを披露し、「16連射」でちびっ子の憧れだった高橋名人。だがブーム当時、高橋名人はゲームプレイで食っていたわけではなく、ハドソンの社員として給料をもらっているサラリーマンだった。

あれから30年、ゲームが上手ければ、それだけで稼げる時代が来たのだろうか?
はっきりいって、どうやって生計を立てているか全く想像もできないが、「好きなことで生きていく」のは誰しもが思い描く理想のカタチ。そこで今回は、プロゲーマーをはじめ、意外なジャンルで稼いでいる「プロ」たちの実態を調べてみた。


●プロゲーマー

海外では「FPS」と呼ばれる3D視点のシューティングゲームを中心に、すでにプロゲーマーと呼ばれる人たちが数多く存在する。ゲームの中で競い合うことを「eSports(イースポーツ)」といい、優勝賞金が1億円という大規模な大会も開催されているのだ。

日本で初めて誕生するプロゲーマーの養成課程でもこの「eSports」を目指すコースがメイン。ちなみに韓国では「子どもたちの将来なりたい職業ランキングの第2位がプロゲーマー」という調査結果もあるのだという。

日本ではまだ馴染みは薄いが、すでに世界的に有名な日本人プロゲーマーも誕生している。その1人が梅原大吾氏で、『ストリートファイター』シリーズなど、対戦格闘ゲームの界大会優勝回数のギネス記録を保持しているツワモノだ。その推定年収は2000万円以上とも噂されている。

海外の「eSports」プレイヤーたちの年収はもっとすごい。公開されている大会賞金の総額ランキングでは、トップ5は全員が中国人で1億円以上を稼いでいる。中国、韓国のプレイヤーが圧倒的に強く、ウクライナやアメリカ、スウェーデンも目に付く。年齢的には20代半ばの若者がほとんどだが、中には30代のプレイヤーもチラホラ。ランキング500位でも大会賞金だけで約600万円を獲得しているほか、スポンサー収入も見込めるので、若くして大金を稼ぎやすい職業といえる。

ただし、世界トップレベルとなるには並外れた動体視力と反射神経が求められ、さらにトップアスリート並みの鍛錬も必要なんだとか。どうしても若いプレイヤーのほうが強い傾向にあるので、年を取るとゲームプレイだけで稼ぐのはきつくなるかもしれない。


●ポーカープロ

ゲーム以上にイメージできない職業が「ポーカープロ」かもしれない。トランプのポーカーは運だけで勝敗が決まるようにも思えるが、手役ごとの勝率、読み、表情や仕草のブラフなど様々な要素が絡み、プロとアマの差がはっきりと勝敗にも表れるのだという。

アメリカではポーカーが非常に盛んで、ポーカーのプロが多く存在。ゲーマーと同じように大会での賞金や、スポンサーとの契約料が収入のメインとなる。日本人で有名なのが、東大卒のポーカープロ・小原直哉氏。2012年の世界大会で見事優勝したときの賞金はなんと5000万円だ!

世界の頂点に立つポーカープロになると、生涯の大会獲得賞金は数十億円にもなるという。全世界で流行しているオンラインポーカーで稼ぐプロも数万人単位でいると推計されている。こういったオンラインポーカーで稼いでいるプロは、年収数百万あたりが平均的な金額だという。

次ページ >> プロゲーマーから釣りプロまで、ニッチな「プロ」の気になる年収は?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.