日刊大衆TOP トレンド

猛烈に臭い屁の原因は!? 意外に知らないおならの常識

赤ちゃんから大人まで生きていれば誰でもするのがおなら。ボフーッ!と気持ちいいおならもあるけれど、エレベーターや電車の中など、ところ構かまわず襲ってくるおならは実に厄介である。なぜ出るのか? どうして臭いのか? 身近すぎて意外に知らない「おなら」の正体に迫ってみた。

まずおならは以下の2つのタイプに分けられる。
1つめは「発酵型」。このタイプのおならは、大腸の入り口付近で善玉菌が炭水化物を分解し、二酸化炭素や水蒸気を出すため、ニオイがない。そのうえ、腸管を刺激して腸の機能を高めてくれる健康的な「よいおなら」だ。
しかし2つめの「腐敗型」は、大腸の出口付近で消化されなかったタンパク質を悪玉菌が腐敗させてできる悪臭ガスのことで、「悪いおなら」。肉類を食べた後のキョーレツなおならはまさにこれで、発生するガスはインドール、スカトール、アミン、硫黄水素など。卵が腐ったようなニオイがするこれらのガスは大腸がんの要因ともなり、臭いうえに病気になるわでいいとこなし。肉や卵といった動物性タンパク質のほか、タマネギやニンニクなど硫黄分の多い食べ物もおならのニオイは強くなる傾向にあり、摂りすぎには注意だ。

またストレスもこの腐敗型のおならに深く関わっている。腸の中には善玉菌と悪玉菌がいるのだが、ストレスが溜まると自律神経が乱れ、悪玉菌が優勢になってしまう。腸内環境が悪くなれば、当然、臭いおならとなる。悪玉菌は加齢によっても増えるため、ストレスフルのおじさんほど臭いおならをブーブー連発するというわけだ。

では、どうすればおならは臭くなくなるのか。

腸内の悪玉菌の割合を減らし、善玉菌を増やす、これにつきるだろう。善玉菌にはビフィズス菌、乳酸菌が必須である。これらの菌が豊富なヨーグルトや乳酸飲料のほか、キムチや浅漬け、味噌・しょうゆなどを積極的に摂りいれ、善玉菌を活性化させよう。またビフィズス菌はオリゴ糖から栄養をもらい増殖していくので、普段使いの砂糖をオリゴ糖に替えてみるのもオススメだ。

もちろん便秘は大敵。便が腸内に留まれば、悪玉菌も元気になってしまうので、野菜中心の食生活を心がけること。そして、近年注目されているのがオリーブオイル。主成分であるオレイン酸が、便自体を柔らかく、大腸の内壁を滑らかにして、一日大さじ2杯程度で「スルッ」といくようになるらしい。海藻やきのこがたっぷり入ったサラダにオリーブオイル、これで嫌なニオイとはサヨオナラ!?

最後におならが頻繁に出るという人は、姿勢を見直してほしい。姿勢が悪いと血液中の二酸化炭素の分圧が上がり、腸の中にガスがたまりやすくなるのだ。背筋をピンと伸ばすだけで、おならが少なくなるならこんな簡単なことはない。また、おならの成分の7割は食事のとき口から入った空気。できるだけゆっくりよく噛んで食べるだけでもおならは減らせるはず。さっそく試してみては。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.