日刊大衆TOP 芸能

元おニャン子・新田恵利が独占告白「タカさんのセクハラで、ビキニが着られなくなった」

元おニャン子・新田恵利が独占告白「タカさんのセクハラで、ビキニが着られなくなった」

おニャン子クラブが今年で結成30周年を迎える。
秋元康プロデュースのいわばAKB48(AKSグループ)の“ハシリ”である彼女たちは、当時「普通の女子高生」というキーワードで世間を席巻し、社会現象にもなった。
『夕焼けニャンキャン』(フジテレビ系)で生まれた素人たちがアイドル軍団として成長していった様は80年代、バブル経済突入の象徴だったといえよう。
AKB48に例えるならば、前田敦子なのか大島優子なのか、はたまた指原莉乃なのか……おニャン子の「ドセンター」だった新田恵利は当時を次の様に振り返る。

「生放送でしたが、番組をやっている気がしなかった。制作側から言われた事をこなしていたら番組が始まっていて、ふと気が付いたら“バイバイ~”と放送終了。あっという間だったので、その分プロ意識が欠落していたような……」

苦笑いしながら回顧する新田だが、「会員番号4番」といえば当時の男子中学生、高校生にとって「憧れの存在」。今でいうストーカー被害も受けていたとか。
そんな男子生徒の女神にも弱点はあった。それが歌。ヒット曲『冬のオペラグラス』の“残念”な歌唱力は今でも業界の語り草になっている。

今年、結成30周年を迎える、そんなおニャン子クラブが、メンバーのグループ、ソロを合わせた全126曲をCD-BOXセットで復刻、9万2000円(税抜き)で完全予約生産で限定発売されるという。新田の「伝説」が30年間の時を経て復活するのだ。

「私は歌がダメ、水着はダメ…と結構、NGが多かったんです。歌はみなさんご存じの通りで、一昨年放送された『あまちゃん』(NHK)でも私と思える会員番号4番の子が秋元さんと思しき古田新太さんから“4番はダメだ”みたいな事を言われていました。番組を見ていた私はズッコケてしまい、手にしていたトーストをテーブルの上に落とすハプニング。苦笑いモノです。
水着の方は、ある雑誌のグラビアでビキニ姿になったのですが、それを見た貴さん(番組の司会を務めていたとんねるず・石橋貴明)から『お前の(ビキニ)写真で何人のオトコがヌイていると思う?』なんて冷やかされた事がトラウマになって以後、ビキニは着られなくなった。私は人前で大胆な露出をするのに抵抗があって、おニャン子卒業後に今後の活動を考えた時でも“女優はヌードがあるから止めよう”と思ったほど。貴さんの発言はショックでしたね」

と、当時の心境を新田は「いい思い出」と柔和な表情で語る。
おニャン子卒業後は旅番組レポーターとして活躍中の新田もテレビ局勤務の一般男性と結婚。それ以降は家庭を優先し、仕事をセーブ。常に夫の一歩後ろにいる事を心がけているそうだ。

「私はタレント新田恵利の前に長山恵利(本名)であり、一人の女性でありたい。生活の中心は当然、家庭だと思っているので、私の我は極力出さない様に努めています」

こう語って笑顔を見せる新田は少し、古いが「あげまん」そのもの。お互いの主張ばかりで長続きしない昨今の夫婦には学んで欲しい生き方だ。


《完全予約限定生産 おニャン子クラブ結成30周年記念CD-BOX》
「セーラー服を脱がさないで」から「黄砂に吹かれて」まで、アナログ盤で発表された126タイトルをCDサイズに凝縮して再現された、永久保存版のBOXセット。
おニャン子クラブのシングル盤をコンプリートする人生最後のチャンス!
気になるかたは公式サイトをチェック!
http://www.onyanko.jp/index.html

元おニャン子・新田恵利が独占告白「タカさんのセクハラで、ビキニが着られなくなった」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.