日刊大衆TOP 芸能

恒例企画発表! SEXしたい女優&女子アナ vol.2

[週刊大衆5月20日号]

5位の藤原紀香、8位の黒木瞳も、かつてのベストテン常連組。下位に低迷していた時期もあった2人だが今回、見事に復活した。
「なんだかんだいっても、紀香さまを上回るセクシーボディの持ち主はいないでしょ。あれで41歳は反則だよ」(44=銀行員)

そのおカラダの健在ぶりは昨年、出版した写真集『N Perfect body』でも明らかで、「お股に食い込んだスーパーハイレグやTバック、谷間ショットが満載。欧米人にも引けを取らない紀香のグラマラスボディは圧巻です」(グラビア誌編集者)

黒木瞳に対しても、「52歳にしてあの美人顔、あのプロポーション。同い年の女房を見るにつけ、黒木は奇跡の人としか思えない」(58=自動車整備士)
「『化身』や『失楽園』で彼女が演じた全裸ファックシーンが忘れられない。いまでも十分オカズになります」(42=運送会社勤務)と根強い支持が。

6位の磯山さやかもベストテンの常連だ。
「可愛くて野球に詳しい子って、めったにいないんだよね。一緒に野球観戦したら楽しいだろうな」(43=農業)

7位の菅野美穂は、堺雅人との電撃結婚の話題があって、急浮上したようだ。
「最近の菅野美穂って、若い頃よりむしろ、キレイで可愛くなってない? もう一度、ぜひヘアヌードになってほしい」(48=印刷会社勤務)

9位の北川景子と10位の石原さとみは、近年、どんどん色っぽくなっていると評判だ。
「北川のポッテリした唇がエロすぎる。くわえられたら秒殺されちゃうかも」(52=食品卸会社勤務)

ランキング11位以下の美女優も"エロ力"では上位陣に遜色がない。特に目立つのが美熟女優の健闘で、18位の鈴木京香には、「熟れ切ったマンゴーのような京香の果肉にかぶりつきたい」(64=無職)

34位の小泉今日子には、「NHKの朝ドラ『あまちゃん』のヒロインの母親役が色っぽくてソソる。あのやさぐれ感はキョンキョンならでは」(51=会社員)

だが、その一方で、本誌読者は16位・吉木りさ、21位・篠崎愛、28位・原幹恵、34位・中村静香ら、若手グラドル系もしっかりチェックしているから面白い。
「爆乳&美脚の童顔巨乳系・篠崎愛ちゃんと、プライベート撮影会をするのが夢」(41=フリーター)

実は若者向け漫画誌などでも「数字を持ってる」といわれる彼女たち。さすが大衆読者諸兄、お目が高い。こまめに芸能界の動向をチェックしてるんですネ!

ここからは女子アナ篇。圧倒的な支持率で1位に輝いたのは、フジのカトパンこと加藤綾子アナ。
「頭の回転が早く、気配り上手なカトパンみたいなタイプは間違いなく床上手。ぜひ一度、お手合わせ願いたいね」(60=会社役員)
「嫁さんにしてよし、愛人にしてよし。どっちでもいいから、せめて一度思いをかなえたい」(37=販売業)

『めざましテレビ』では、爽やかな朝の顔。明石家さんまと組む『ホンマでっか!?TV』では、シモネタOKの"ちょいエロお姉さん"。TPOに応じてキャラを使い分けるあたりも、カトパンの頭のよさといえそうだ。

トップテン中、フリーアナが4人いるのも時代の流れ。2位の山岸舞彩、3位の高島彩、6位の夏目三久、8位の滝川クリステルだ。

山岸舞彩は、4月から日テレ『NEWS ZERO』の新キャスターになったが、全国区の人気者になったのは、NHK『サタデー&サンデースポーツ』への出演がきっかけだった。
「美人で、スタイルがよくて、頭もいいのに、謙虚で真面目。山岸舞彩こそオレの理想のタイプです」(29=IT関連企業勤務)
「しょせん高嶺の花の山岸だけど、土下座してお願いしたら、先っちょくらいは……」(47=公務員)
無理だと思います。

人妻になった高島彩も根強い人気で、3位。
「アヤパンはフジを辞めてからのほうが、ずっと女っぽくなった。ダンナの"ホルモン注射"が効いているんだろうね。オレもあやかりたいよ」(53=不動産会社勤務)

6位の夏目三久は、春から古巣・日テレ『バンキシャ!』のレギュラーに。
「ああいう秘書がいたら、毎朝、ケツのひとつも撫でてから仕事に取りかかりたい」(59=メーカー勤務)
それって、れっきとしたセクハラですゾ!

8位の滝川クリステルにも熱狂的なファンが多いようだ。
「自分は滝クリ様以外、眼中にナシ。ま、もし大橋未歩に"どうしても"とお願いされたら、考えてもいいけどね」(39=私鉄勤務)
とは、なんとまぁ贅沢なことでしょう……。

変なところで引き合いに出されたテレ東・大橋未歩アナは13位。軽度の脳梗塞を発症し、今年1月から療養している彼女には、「大橋アナのいないテレ東は見る気がしない。もしリハビリしているなら、頑張って!」(54=運輸業)という励ましの声が。

同じテレ東の大江麻理子アナは4位。4月からニューヨーク支局に異動になった彼女だが、『出没!アド街ック天国』はもちろん、『もやもやさまぁ~ず2』で見せた、さまぁ~ずとの絶妙な掛け合いで大ブレークしたのは記憶に新しい。
「たとえていうなら太っ腹な癒し系。彼女とならリラックスしたエッチが楽しめそう」(47=会社員)

前出・下関氏も、「さまぁ~ずの三村に胸を揉まれても動じることなくヘラヘラ笑っていた大江アナは、人間の器が大きいですよ」と、絶賛する。

6位のTBS・田中みな実アナには、「オレのフランクフルトを食べさせて"黒~い!"太~い!"と無理やりいわせる」(36=スーパー勤務)と、予想どおりのリクエスト。

5月17日公開のvol.3に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.